高橋ヒロムの今後の防衛ロード

新日本プロレス 2017.6.3 BEST OF THE SUPER Jr.24 国立代々木競技場・第二体育館大会の高橋ヒロム選手の試合後コメントをご紹介。

スポンサーリンク

高橋ヒロム選手はベスト・オブ・ザ・スーパージュニア24に優勝し、6.11 DOMINION 大阪城ホール大会のIWGPジュニアヘビー級王座戦の挑戦者にイニシャルKを指名するはずでした。

しかしウィル・オスプレイ選手がAブロックを勝ち上がってヒロム選手の優勝は消えてしまったため、大阪城ホール大会以降の挑戦者はBOSJ公式戦で敗れた選手を優先すると表明。

大阪城ホール大会の挑戦者にウィル・オスプレイ選手を指名!

その後はリコシェ選手、ドラゴン・リー選手、イニシャルKと続くようです。

例年通りならベスト・オブ・ザ・スーパージュニア優勝者のKUSHIDA選手が挑戦者に名乗り出るところですが、KUSHIDA選手自身は大阪城ホール大会での挑戦を明言せず。

少し気になるのは、ヒロム選手と同じロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手の要望は会社に通らない点。

もしヒロム選手の要望が通ったら、なんでお前の要望は通るんだと、L・I・J内で一悶着起きるかもしれない

ここは是非ヒロム選手の要求を全部通してもらって、安定期に入っているL・I・Jに少し動きをもたらしてくれることに期待!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA