金丸&デズペがワンオアエイトの挑戦受諾、上村がみのるの対戦相手に名乗り【新日本プロレス・2020.12.21・PART1】

新日本プロレス・2020年12月21日・ロードトゥ東京ドーム2020・後楽園ホール大会・初日のバックステージコメントまとめ・PART1!

関連:新日本プロレス・試合結果・2020.12.21・ロードトゥ東京ドーム2020・後楽園・初日【オープニングVTR】

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

上村優也

ついに年内最終興行となる後楽園ホール大会3連戦を迎えた新日本プロレス。

レッスルキングダム15まで2週間を切り、リング上の闘いがさらに熱を帯びるなか、ヤングライオンの上村優也選手が前日にWK15参戦を要求した鈴木みのる選手の対戦相手に名乗り出ました。

上村「タイガーさんが今日復帰されて、去年、タイガーさんと一緒に『SUPER Jr TAG LEAGUE』に出ましたけど、それでタイガーさんとのタッグが終わりだとは思ってないんで。僕がジュニアでいる限り、またタッグを組んでIWGP ジュニアタッグに挑戦するぐらいまで、また僕も頑張って、タイガーさんも調子を取り戻して。それができたら、以前組んだ甲斐があったんじゃないかなと思います。あと、ずっと言ってるんですけど、鈴木選手。東京ドームでも、鈴木さんも、俺の名前もまだありませんし、別に待ってたって誰も組んでくれないっすよ。僕は鈴木さんとシングルマッチ組まれるように、そして、彼を本気にさせて振り向かせるように、これからやっていこうと思います。ありがとうございました

かねてから上村優也選手は昔の新日本プロレスを知ってる鈴木みのる選手を肌で感じたいと、シングルマッチを熱望してきました。

東京ドームという大舞台で念願のシングルマッチを実現させることはできるのか、残りの2大会の上村優也選手の動向から目が離せない。

デスペラード / 金丸義信

ワン・オア・エイト(田口隆祐&マスター・ワト)からの挑戦表明を拒否し続けてきたIWGPジュニアタッグ王者組エル・デスペラード選手&金丸義信選手。

しかし、昨夜の後楽園ホール大会でまたしてもマスター・ワト選手に直接3カウントを奪われたため、ようやく金丸義信選手が挑戦表明を受諾しました。

デスペラード「ちょっと怒りたいところあるけど、俺もあれで丸められたことあるから、怒るに怒れない。ビックリすんだよアレ、急に来ると
金丸「まぁそういうことだよ
デスペラード「しょうがない。どうします?
金丸「やりてぇかどうか知らねぇけどよ、まぁ俺らに何のメリットもけどよ、まぁやってやるか
デスペラード「じゃぁいいよ。ノブさんが言ったからいいよ。俺は、パートナーが言ったから、やってやるよ。唯一の前哨戦だぞ、明日。カード(今日と)一緒だよな? 違う? 別にアイツらのこと興味ねぇから(笑)

ジュニアタッグ王者の二人からフォール勝ちを奪ったマスター・ワト選手のジャックナイフ式エビ固めはWK15でも炸裂するのか。

新日本プロレスからのタイトルマッチの正式発表が待ちきれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA