ケンドー・カシンが永田裕志自主興行東金大会で爆破マッチを勝手に決定!

大仁田厚選手と合体したケンドー・カシン選手が、新日本プロレスの永田裕志選手の自主興行東金大会で爆破マッチを勝手に決定!

スポンサーリンク

今後の動向を尋ねられたカシン選手は以下のように返答。

“”「8月27日の全日本(プロレス)両国(国技館)大会で爆破をやる。10月の東金大会でもやる。永田(裕志)君はそもそも大仁田に憧れてレスラーになった男だから喜ぶと思う。決定だ。大日本のジュニア王者決定戦出場も決定だ。秋山(準)社長は文句があるなら東金で爆破のリングに上がれ」””(引用:東スポWebより)

プロモーターである永田選手の許可を得ることなく、東金大会で爆破マッチを勝手に決定!

信憑性はほぼゼロだが、大仁田選手が引退してしまう前に、永田選手と大仁田選手を引き合わせようというカシン選手なりの優しさ。

永田選手が高校一年生の時、引退した大仁田選手への熱いメッセージを週刊ゴングに送ったことを、カシン選手はしっかりと憶えていた。

憶えていたどころか、当時の記事をそのままボディシールにまでしている。

すでに永田選手は秋の自主興行に向けて色々と準備を始めているようですが、カシン選手の怪しい動きにも目を配ったほうがいいのかもしれない…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA