内藤哲也、6.11大阪城ホール大会のタイトルマッチは中止で構わない

新日本プロレス 2017.6.11 DOMINION 大阪城ホール大会で棚橋弘至選手の挑戦を受けるIWGPインターコンチネンタル王者内藤哲也選手のインタビューをご紹介。

スポンサーリンク

大阪城ホール大会の挑戦者である棚橋弘至選手がアメリカ遠征で右腕を負傷したため、6月9日まで欠場が発表されました。

会社に対しても棚橋弘至選手に対しても怒りの収まらない内藤哲也選手は、東スポでさらに踏み込んだコメント。

“止まらない内藤は大会後も米国でケガをした挑戦者が、大阪城の前哨戦に穴をあけるなんて、国内のお客様は納得してくれないでしょ。米国進出も結構だけど、本末転倒だろとぐうの音も出ない正論を連発。「というか棚橋は本当に大阪城に間に合うの?新日本は選手の健康管理を徹底しますって言ったばかりでしょ?俺は棚橋とタイトルマッチやる必要性はないと言ってきたんだから、中止でも構わないよ。本当にケガしてるなら焦らずゆっくり治せばいいでしょ。そう、まさにトランキーロだぜ」と王座戦の白紙化まで提案した。大阪城決戦は一気に風雲急を告げてきた。””

また今回もファンの思っているところを的確に代弁してくれていますね。

怪我による欠場は仕方がないということは理解していますが、それでも棚橋選手を見れなくて残念なことには変わりない。

では仮に間に合わなかった場合、内藤選手の対戦相手は誰になるか。

ここはやっぱり、昨年から闘いたいと言い続けてきたSANADA選手との同門対決を実現させて欲しい。

NEVER無差別級6人タッグ王座の防衛戦を6.9 後楽園ホール大会に回せば、決して不可能なことではない。

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン結成から、シングルのベルトを巻いていないのはSANADA選手だけ。

そろそろシングルプレイヤーとしてのSANADA選手が見たくて見たくてたまらないというファンも多いということは、ファンの心理に敏感な内藤選手も感じているはず。

棚橋選手は間に合いませんでしたなんてことにはならないと思いますが、もし仮にそうなってしまった場合、新日本プロレスのお客様が見たがっている闘いを実現させてくれることを期待しています!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA