内藤哲也のG1開幕戦への意気込み「言い訳できない」、みのる「タイチ!ブチ殺してやる」【新日本プロレス・2020.9.11】

新日本プロレス・2020年9月11日・ニュージャパンロード2020・ 後楽園ホール大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2020.9.11・ニュージャパンロード2020・後楽園【オープニングVTR】

内藤哲也

G1クライマックス30の各大会の公式戦が決定!

優勝候補のIWGPヘビー&IC王者・内藤哲也選手は、Bブロック開幕戦(9月20日)のメインイベントで棚橋弘至選手と対戦。

G1の当落線上にいると自己分析する棚橋弘至選手とのシングルマッチへの意気込みを語りました。

内藤「一昨日の仙台大会で『G1 CLIMAX』の出場選手、そしてブロック分けが発表となり、今日の後楽園ホール大会で公式戦の日程が発表されました。さあ、あとは開幕を待つばかり。開幕戦の相手は3年ぶりのシングルマッチとなる棚橋弘至。彼は先日の水戸大会の試合後、こう言ってたよ。自分自身が今『G1 CLIMAX』の当落線上にあるってね。まあ、その通りだと思うよ。でもさあ、それ自分自身で言っちゃう?ちょっと残念な気持ちになりましたよ。まあ、開幕戦で対戦するということで、お互いダメージのない状況での試合、お互い言い訳のできない状況での対戦、楽しみだね。あと楽しみなのは長岡でのSANADA戦、そして両国でのKENTA戦かな?EVIL、彼は結局ディック東郷頼みなんでしょ?ディック東郷頼みのEVILにちょっと残念ながら興味はないかな。さて、秋に開催される初めての『G1 CLIMAX』、皆様、一緒に楽しみましょうよ。ではでは、また大阪でお会いしましょう。アディオス!
出場選手発表前日(8日)の水戸大会で棚橋が「当落線上」と自己評価していたことに失望したという。「そんな男に今の俺が負けるわけないでしょ。久々に向き合うのは楽しみですよ。僕は昔、棚橋を追いかけてましたから。でも水戸大会の時点で勝敗は見えてますね。だとしたら来年はその当落線上にもいられなくすることが俺の役目なのかもしれないね」。19年連続G1出場となる棚橋の“介錯人”と化すことも辞さない構えだ。

内藤哲也選手は今の俺が負けるわけないと自信を見せているが、棚橋弘至選手にとって、2冠王との対戦はシングル戦線浮上のまたとないチャンス。

そして、個人的に忘れてもらいたくないのが、まだ内藤哲也選手は昨年9月にアメリカで起きた大事件の借りを返していないこと。

昨年の6人タッグマッチでの敗北、そこに言い訳のできないG1開幕戦での敗北も加われば、内藤哲也選手もタイトル挑戦を受けざるを得ないはず。

G1当落線上の棚橋弘至選手が、すでに勝敗は見えていると余裕の内藤哲也選手から勝利を奪って波乱を起こせるか注目。

鈴木みのる / タイチ

2冠王・内藤哲也選手が余裕を見せる一方、G1にエントリーされたもう一人のシングル王者・鈴木みのる選手はG1で同門対決を控えるタイチ選手と激しすぎる視殺戦を展開。

鈴木「オイ、なんだ、どいつもこいつも!あぁ!?タイチもザックも、俺の前にひざまずけ。そして、泣き叫べ。『鈴木様、ごめんなさい』と。オイ、タイチ!ブチ殺してやる

ボス相手に一歩も引かなかったタイチ選手は、鈴木みのる選手の殺してやるの言葉で完全にスイッチが入った模様。

タイチ「(※鈴木が立ち去ったあとにザックと共に現れ)やってみろよ。『殺す』だ!?やってみろよ。やってみろ、この野郎。昨日、一昨日までは、出る気なかったよ、まったく。メンバー発表されるまで、やる気ないよ。どうせ疲れるんだ、『G1』。棚橋と違ってな、俺は年中疲れてんだよ。すぐ疲れるんだよ。去年出てよ、イヤなほど思い知ったよ。やりたくねぇんだよ。だけど、メンバー見た瞬間、オイ…らしくねぇけど、出たくなっちまった。気にいらねぇヤツがいっぱいこっち(Aブロック)に来やがったから。特に気にいらねぇヤツもいる。やってやるよ、『G1 CLIMAX』。やってやるよ。仲良しこよしなんて1人もいねぇ。信頼できるのはザックだけだ。やってやるよ。この俺がやる気出したんだからありがたく思えよ、テメェら、その他大勢。時は来た!…のかもしれない(※と言い残して一旦立ち去る)

昨夜のCHAOSの同門対決のような真っ向勝負というよりも、鈴木軍の同門対決は凄惨な試合になる予感。

今年は新型コロナウイルス対策で前哨戦が組まれないため、当日(9月23日)まで二人がリング上で顔を合わせることはありません。

当日までにタイチ選手が溜めに溜めたやる気が爆発する凄まじい試合を期待したいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA