オカダがKOPWで「ハンディキャップ戦」、裕二郎が「ランバージャック戦」を提案【新日本プロレス・2020.8.6・PART2】

新日本プロレス・2020年8月6日・サマーストラグル2020・後楽園ホール大会・4日目のバックステージコメントまとめ・PART2!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2020.8.6・サマーストラグル・後楽園・4日目【オープニングVTR】

1対3 ハンディキャップマッチ

オカダ・カズチカ選手が新設した新タイトル・KOPW2020が本格始動。

まずは提唱者のオカダ・カズチカ選手が、KOPWでのシングルマッチを要求している高橋裕二郎選手に1対3、ハンディキャップマッチを提案!

オカダ「まあ俺がね、新タイトルのこと、言ったわけですから。1発目のルールっていうのは俺が言わないとダメでしょう。1対3、ハンディキャップマッチ。まあ、邪道&外道、裕二郎。正直、1対1よりも楽かもしれないよ。まあ上手く使ってやればいいんじゃない。でもね、そこでも超えられない差っていうのは一緒だなと思います。

1対3ハンディキャップマッチの試合映像がコチラ!

通常のルールならレフェリーが注意するはずの試合権利のない選手の攻撃や、3人同時の合体技も可能。

しかし、それでもなおオカダ・カズチカ選手は超えられない差っていうのは一緒だと余裕しゃくしゃく。

ランバージャック with ベルトマッチ

一方の高橋裕二郎選手は、自ら圧倒的に不利なルールを提案してきたオカダ・カズチカ選手に怒り心頭。

そして高橋裕二郎選手からはランバージャック with ベルトマッチを提案!

裕二郎「おうオカダおい!は?3対1だと?どんだけよ、俺のこと舐めてんだよ。それよりもよ、俺がもっと面白いルールを、準備してやる。その名も『ランバージャックwithベルトマッチ』だ!場外に落ちたやつは、このベルトでボッコボコにされる。なぁ、そのルールでよ、この高橋裕二郎があの、オカダ・カズチカに勝ってやるよ

コチラもまずは試合映像をご覧ください。

ランバージャックマッチは、選手たちがリングサイドを囲み、闘っている選手がリング下に落ちてきたら素早くリング内に戻す試合形式。

しかし、高橋裕二郎選手のルールでは場外に落ちたやつはベルトでボッコボコすることが可能。

これまでの新日本プロレスでは見たことがない魅力的な試合形式ですが、どちらが採用されるかは後日ファン投票で決定されます。

オカダ・カズチカ選手と高橋裕二郎選手を除いて、KOPW2020決定戦の出場枠は残り6枠。

誰が新タイトル決定戦に名乗りを上げるのか、本日以降の後楽園ホール大会の動向もお見逃しなく!

KOPW2020のファン投票が新日本プロレス公式Twitterで開始!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA