海野レフェリー40周年記念興行は親子揃ってメインイベンター

新日本プロレスワールドで「特別企画 海野翔太デビュー戦密着」が公開されたのでご紹介。

スポンサーリンク

海野翔太選手のデビュー戦同日の密着映像が公開されました!

プロレスにハマったキッカケは父であるレッドシューズ海野レフェリーの20周年記念興行

当時まだ小学生だった海野翔太選手は、この日の後楽園ホールの客席のどこかで見ていた。

ちなみに海野翔太選手が本気でプロレスラーを目指そうと志した試合も、裁いていたのはレッドシューズ海野レフェリーでした。

改めてデビュー戦を見ましたが、ボディチェック後に軽く背中をポンと叩いて送り出すレッドシューズ海野レフェリーの顔は、やっぱりお父さんって感じでしたね。

11年後の2028年、レッドシューズ海野レフェリーが40周年を迎える年には61歳になっている。

現在71歳のタイガー服部レフェリーもまだまだ現役なんだから、40周年記念興行もまったく不可能ではありません!

その頃には海野翔太選手はキャリア11年の31歳、もう新日本プロレスの中心にいても不思議ではありません。

レッドシューズ海野レフェリー40周年記念興行で、二人が親子揃ってメインイベントに立つ姿が楽しみです!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA