内藤哲也の新技・エスペランサ「皆さまへのささやかなプレゼント」【新日本プロレス・2020年6月】

新日本プロレス・内藤哲也選手が新技・変型フェースクラッシャーについて語りました。

2020年6月15日、新型コロナウイルスの影響により興行を中止していた新日本プロレスが110日ぶりに興行を再開

再開後最初のメインイベントは、CHAOS対ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの6人タッグマッチ。

結果はIWGPヘビー級&インターコンチネンタル王者・内藤哲也選手が、新技・変型フェースクラッシャー(リバースデスティーノ?)からの正調デスティーノを勝利を収めました。

内藤選手がこのタイミングで新技を披露した理由は2つ。

内藤 やっぱり、この3カ月半、いろいろプロレスのことを考えましたからね。頭のなかで何試合もやって、浮かんだアイデアのひとつであり、大会再開を待ってくれた皆さまへのささやかなプレゼントというか。あと、オレはニュージャパンカップ優勝者を7月日の大阪城ホールで迎え撃つわけですけど「ただ、待ってるだけじゃなく準備はしてるぜ。ほかの出場者はこの3カ月半でなにをしてきたのか。さあ、見せてくださいよ」っていう牽制の意味合いもありました。
パレハ ちなみに技名は?
内藤 …考えるの忘れてた(苦笑)。そこはトランキーロってことですよ。次出すときまでには決めてるんじゃないかな。(引用:週刊プロレス No. 2071)

まずは1つ目の理由は興行再開を待ちわびていたファンのため。

約3カ月ぶりの試合でいきなり見せた新技はささやかどころか本当に嬉しいプレゼントでした。

続いて2つ目の理由はニュージャパンカップ2020出場者への牽制

ドミニオン2020・大阪城ホール(7月12日)でのタイトルマッチに向けて、内藤選手は自粛期間中もただ待つだけじゃなく準備をしっかりとしてきました。

これまで通りの闘い方で満足しているようでは駄目、この3カ月半の成果を見せてみろという、内藤選手なりのメッセージでした。

また、技名に関しては未定とのこと。

これまで内藤選手は数々のスペイン語の技名を採用してきました。

グロリア栄光
デスティーノ運命
バレンティア勇気
エボルシオン進化
プルマ・ブランカ白い翼
ポルボ・デ・エストレージャ星屑

次(に変型フェースクラッシャーを)出すときに、また新たなスペイン語の技が増えることになりそうです。

追記
技名が「エスペランサ」( Esperanza 、スペイン語で「希望」という意味)に決定!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA