棚橋弘至がレインメーカーに初勝利&IWGP奪還「俺は大阪府立のこの風景を一生覚えています!」【2012.6.16】

新日本プロレス・振り返りNo.154

今回は2012年6月16日の棚橋弘至選手!

IWGPヘビー級王座戦

×[王者]
オカダ・カズチカ
vs〇 棚橋弘至
ハイフライフロー

関連:試合動画(新日本プロレスワールド)

2012年6月16日・ドミニオンのIWGPヘビー級王座戦。

レインメーカーショックによってIWGPヘビー級王座から陥落した棚橋弘至選手が、あの日と同じ大阪の地でタイトル挑戦に漕ぎつけました。

一方、オカダ・カズチカ選手はこの4カ月間で内藤哲也選手・後藤洋央紀選手を退けて実力を証明。

4カ月前の大阪での入場時にはほとんど歓声がなかったが、この日はレインメーカードルが降り注ぐと大歓声。

試合序盤は棚橋弘至選手が左膝攻めでペースを握るが、オカダ・カズチカ選手がコーナードロップキックで形勢逆転。

さらにDID、カウンターのドロップキック、クロス式ネックブリーカー、エルボースマッシュ連発でフィニッシュへの布石を積み重ねる。

しかし、棚橋弘至選手が膝攻めで動きを止めると、コーナー最上段から場外へのハイフライフロー!

そしてロープ越しのドラゴンスクリュー、テキサスクローバーホールドで一気に追い詰める。

オカダ・カズチカ選手も再びDID、ダイビングエルボードロップ、リバースネックブリーカーで首へのダメージを与えるが、レインメーカーを切り返した棚橋弘至選手がグラウンドドラゴンスクリュー2連発、テキサスクローバーホールドで流れを引き戻す。

そして棚橋弘至選手はダルマ式ジャーマンスープレックスホールド、オカダ・カズチカ選手はヘビーレインを決めるもカウント2。

するとツームストンパイルドライバーを切り返した棚橋弘至選手がドラゴンスープレックスホールド、背中へのハイフライフローを決めるが、正調ハイフライフローは両膝で迎撃されてしまう。

息を吹き返したオカダ・カズチカ選手がエルボースマッシュ連発からツームストンパイルドライバーを狙うと、なんと棚橋弘至選手が切り返して掟破りのパイルドライバー!

そしてレインメーカーの切り返し合戦になると、棚橋弘至選手がその場飛びスリングブレイドからハイフライフローで勝利!

棚橋弘至選手がIWGPヘビー級王座奪還に成功!

試合後、4カ月前より650人も観客が増え、暗黒期を抜けてから初めて超満員札止めになった大阪府立体育会館の光景を見た棚橋弘至選手は、涙ぐみながらファンに感謝を述べました。


■勝利者インタビュー
——おめでとうございます!
棚橋「皆さん、ありがとうございます!(※大拍手)
——過去に見たことがないような本当に紙一重の闘いでした。それを支えたのは何でしたか?
棚橋「愛です(※大歓声)
——いま、どんなお気持ちですか?
棚橋「(涙ぐんだ声で)俺は、大阪府立のこの風景を、一生覚えています!(※大歓声)」(引用:新日本プロレス公式サイト

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA