大阪府立に床屋?【2010.6.19】

【新日本プロレス 振り返りNo.38】

今回は本隊の棚橋弘至選手!

スポンサーリンク

2010.6.19 大阪府立体育会館

◯ 棚橋弘至
回転十字架固め
vs× 矢野通

新日本プロレスの上半期を締めくくるドミニオン大阪大会。

プリンス・デヴィット選手のIWGPジュニアヘビー級王座初戴冠(動画14:58~)、真壁刀義選手のIWGPヘビー級王座初防衛戦(24:35~)などもありましたが、棚橋弘至選手と矢野通選手のスペシャルシングルマッチ(20:00~)をピックアップ!

バーバー矢野こと矢野選手にハサミで髪を切られた棚橋選手は、この抗争にケリを付けるために敗者髪切りマッチを要求。

矢野選手もこれを承諾し、ルーザー・ボールド・ルール、いわゆるカベジェラ・コントラ・カベジェラが実現!

プロレス会場には似つかわしくない床屋のサインポールも用意された。

棚橋選手は矢野選手の巧妙な反則攻撃に苦しむも、最後は回転十字架固めで勝利!

バリカンを手にして矢野選手の髪を剃ろうとした勝者の棚橋選手を、飯塚高史選手が襲撃して立場が逆転!

CHAOSと遺恨のあるKUSHIDA選手が救出に来るも返り討ちに。

矢野選手がバリカンを構えたところになんとTAJIRI選手がリングイン、グリーンミスト&バズソーキックで棚橋選手を救出!

棚橋選手は矢野選手の金髪をバリカンで刈り込み、昨年まで敵対していたTAJIRI選手と握手。

こうして敗者髪切りマッチは幕を閉じたが、この後もバーバー矢野は時々開店するのでした。

いつかまたバーバー矢野が突然オープンする日を心待ちにしております。

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA