高橋ヒロムから提案「ロビー!シングルでやろうぜ」、内藤「気が合うのかもしれない」【新日本プロレス・2020.2.4・PART1】

新日本プロレス・2020年2月4日・ロードトゥニュービギニング・後楽園ホール大会・初日のバックステージコメントまとめ・PART1!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2020.2.4・ロードトゥニュービギニング・後楽園初日【オープニングVTR】

高橋ヒロム

昨年末の復帰戦でロビー・イーグルス選手に丸め込みで敗れたIWGPジュニアヘビー級王者・高橋ヒロム選手。

昨夜の後楽園ホール大会でヒロム選手が丸め込みで勝利を奪い返すと、今度はシングル=タイトルマッチでの決着戦を提案しました。

 ヒロム「リベンジ成功~……なわけねぇよな、ロビー!なぁ、シングルでやろうぜ。オマエも言ってたろ、この(※手に持っていたIWGPジュニアヘビー級のベルトを示して)ベルトさんがほしいんだろう?ならば、ヒロム包囲網に加われ。なぁ、みんなで狙って来いよ。ただし!俺がドラゴン・リーを潰した後だ!

ヒロム選手はニュービギニング大阪(2月9日)でリュウ・リー(=ドラゴン・リー)選手との防衛戦が控えているため、ロビー・イーグルス選手との決着戦はその後となります。

旗揚げ記念日(3月3日)は別の試合が組まれる可能性もあるので、サクラジェシス(3月31日)でのタイトルマッチが濃厚。

内藤哲也

IWGPヘビー級&インターコンチネンタル王座の2冠を巡って抗争中の王者・内藤哲也選手と挑戦者・KENTA選手。

先日内藤選手がこの先のプランあるんだろ?と問いかけると、KENTA選手は2本のベルトについて明確なプランを回答。

するとKENTA選手は、今度は内藤選手のプランも聞きたいと要求しました。

せっかく彼は俺からの質問に答えてくれたんだ。俺も彼からの質問にお答えしようかな。てかさー、もう何度も言ってるよ、俺のコメントちゃんとチェックしてくれよ。俺は、大阪城ホール大会での防衛戦での先に、あの男とのシングルマッチを見据えてますよ。日に日に存在感の増しているあの男と、初めてのシングルマッチを俺は見据えてますよ。ベルト、タイトルマッチ。そのこともさ、前に言ったんだよね。何度もいわせんなよ。俺の個人的な意見としてはできることならそれぞれ1つづつタイトルマッチをしていきたいね。1シリーズでそれぞれタイトルマッチがあっても良いんじゃない?普段タイトルマッチを見ることのできない地域のお客様にも、タイトルマッチを見せる機会が……タイトルマッチが増えれば訪れることでしょう。そう言えば、同じようなことを彼も言ってたっけね。やっぱ俺とKENTA選手って気が合うのかもしれないな。でもさ、この会社は特定の選手の意見以外、聞き入れてもらえないからね。あなたがチャンピオンになったところで、あなたの意見は聞いてもらえないと思うよ。俺もさ、何度意見してもほとんど通ったことないからね。ではでは、いよいよ大阪城ホール大会まであと5日。バックステージコメントも良いけどさ、リング上でもっとお互い楽しもうぜ。明日もリング上でKENTAのプロレス、味あわせてくれよ

内藤選手が掲げたプランは2つ。

まずはあの男とのシングルマッチ=高橋ヒロム選手とのシングルマッチ。

ここ数年の旗揚げ記念日は、IWGPヘビー級王者 vs IWGPジュニアヘビー級王者(昨年はNEVER王者)のシングルマッチが組まれるのが恒例となっています。

ヒロム選手も同門対決に前向きな姿勢を見せているので、ついに二人の初対決が実現するかもしれません。

そしてもうひとつは1シリーズでそれぞれタイトルマッチを行うこと。

2冠戦ではなく、IWGPヘビーはIWGPヘビー、インターコンチネンタルはインターコンチネンタルで別々に防衛戦を行うことを希望しています。

似た部分を持ち合わせ、実は気が合うのかもしれない二人の抗争はまだまだ盛り上がっていきそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA