ウィル・オスプレイ「もう1度挑戦したい」、タイチ「札幌でもう1回」【新日本プロレス・2020.2.4・PART2】

新日本プロレス・2020年2月4日・ロードトゥニュービギニング・後楽園ホール大会・初日のバックステージコメントまとめ・PART2!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2020.2.4・ロードトゥニュービギニング・後楽園初日【オープニングVTR】

ウィル・オスプレイ

ニュービギニング札幌(2月2日)でブリティッシュヘビー級王座に挑戦するも、レフェリーストップで敗北を喫したウィル・オスプレイ選手。

昨夜の後楽園ホール大会で王者ザック・セイバーJr.選手から完璧な3カウントを奪うと、もう1度挑戦したいと再びタイトルマッチを要求。

『NEW BEGINNING』札幌では負けてしまったけれども、俺はタップアウトしなかったレフェリーが止めた試合だったんだ。ザックは自分の得意であるサブミッションで俺を負かすことはできなかった。だからこそ俺はもう1度挑戦したいと思っているんだ。俺もレボリューションプロレスに7年間いた。その中でこのベルトを獲るチャンスも何度かあったけれども、それは叶わずにいる。ザックおまえの決断だ。俺ともう1度やるのかどうか。

これを受けて、2月14日にイギリス・RPWで開催されるハイステークスでタイトルマッチが正式決定!

タイチ

こちらもニュービギニング札幌で敗れたタイチ選手が、シングル通算1勝1敗になったオカダ・カズチカ選手へのリマッチを要求!

タイチ「オカダ、効いたよ。さすがアレが、カタカナになって背負ってきたオマエの力だ。だけど、オマエもリング上で言った通り、まだ俺ら1勝1敗だな、これで。オイ、これで終わったと思うなよ、オカダ。まだ終わってねぇぞ。3本目、決着つけようぜ、オイ。2対1にしないと、気持ち悪いだろオマエも。オカダ、終わりじゃねぇぞ。何だったら7月の札幌でもう1回やるか?この野郎。いや、ちょっと待てねぇよな。札幌はよ、どうせ俺がメインイベントになるんだ。札幌でもいいぞ、いや、すぐでもいいぞ。オカダ、終わったと思うな。これだけは覚えとけ

今年は東京オリンピックの関係でG1クライマックスが秋に開催されるため、7月は北海道ツアーが行われます。

タイチ選手の地元・北海道でのツアーを締めくくるのは札幌大会2連戦(7月18日&19日)。

その札幌大会2連戦で3本目となる決着戦を要求しました。

北海道ツアーま残り5カ月、タイチ選手が再びオカダ選手に仕掛ける日が待ちきれない。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA