内藤哲也がスターダストプレスに込めた思い「ライガーへの無言のメッセージ」【新日本プロレス・2020年1月】

新日本プロレス・内藤哲也選手がレッスルキングダム14で決めたスターダストプレスについて語りました。

2020年1月5日、内藤哲也選手はレッスルキングダム14でIWGPヘビー級&インターコンチネンタル王座の2冠王という史上初の偉業を達成

その史上初の偉業を引き寄せたのが、試合終盤に決めたスターダストプレスでした。

内藤選手がこのタイミングでスターダストプレスを解禁した理由は3つ。

まず1つ目は強いチャンピオン(=オカダ・カズチカ)を倒すため、2つ目はヒザが悪くなってスターダスト・プレスができないと思われるのが、すごくイヤだから。

そして3つ目は、スターダストプレスの開発者であり、同日1月5日に現役を引退した獣神サンダー・ライガー選手にメッセージを送るため。

オレはオフィシャルサイトでも、バックステージのコメントでも一切、ライガーの引退については触れてこなかった。ハッキリ言って、オレから掛ける言葉はないですよ。でも、あの技を出したことが、獣神サンダー・ライガーへの無言のメッセージというか。惜別の意味も込めて、スターダスト・プレスをやるならここしかないなって」(引用:週刊プロレス No. 2049)

惜別の念はもちろん、感謝や尊敬の念が込められた一撃はまさに無言のメッセージでした。

今後もスターダストプレスを使い続けてもらいたいところですが、爆弾を抱えている膝のコンディションを考えると回数は限られてしまう。

偉大な先輩が生み出した技を継承していくためにも、内藤選手が理想的な引退をする日までに新たな使い手の誕生を期待したいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA