高橋ヒロムが上村のコメント中に乱入、ナマハゲ・SHO・YOHが「言ってみろ」に反応【新日本プロレス・2020.1.13・PART1】

新日本プロレス・2020年1月13日・ファンタスティカマニア2020・名古屋国際会議場イベントホール大会のバックステージコメントまとめ・PART1!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

上村優也 / 高橋ヒロム

事の発端はニューイヤーダッシュ2020。

上村優也選手が今年の目標にIWGPジュニアのベルト挑戦を掲げると、IWGPジュニアヘビー級王者・高橋ヒロム選手がオレもヤングライオンの時、やたら言ってたよ。いいじゃねえかと反応。

キャリアの浅いヤングライオンながら王者の視界に入り込んだ上村選手が、昨夜の名古屋大会のバックステージでヒロム選手と直接対峙しました。

別に、今デビューして2年で、顔じゃないとか思う人、大勢いると思うんですけど、ボクからしたらデビューしてもう2年なんで、若手とかそんなもんじゃないです。ジュニアのチャンピオンに(挑戦を)名乗り出る人がいないなら、ボクがいきますよ。ベルトは全部好きです。いずれ、内藤さんが持ってるあのベルトにも挑戦します。ありがとうございました
ヒロム「(※上村が引き揚げようとするところに飛び込んできて)上村、面白かったぞ。お前のそういうとこ、オレは好きだぞ。面白かった、面白かった。もっとやれ。関係ねえ。誰がなんと言おうと関係ねえからな。もっとやれ。(※逆水平チョップを1発打ち込んで)もっとやれ(※と言って立ち去る)
上村「(※しばらくフロアに突っ伏して、しばらくして涙を流しながら立ち上がる。しばらく無言の後)……悔しいです。絶対、『(BESTB OF THE)SUPER Jr.』に出て、結果出して、今年中にIWGPジュニアのベルトに挑戦してやる。オレを『SUPER Jr.』に出せ、コノヤロー!

ヒロム選手からもっとやれという熱い言葉と逆水平チョップをもらい、上村選手は悔し涙を流しました。

ただ、昨夜の名古屋大会には中継が入っていないため、この二人のやり取りが配信されないのは非常に残念。

数年後、ヒロム選手と上村選手のタイトルマッチが実現する日にこの映像が見られるのを楽しみに待ちたい。

ナマハゲ / SHO

その一方で、ヒロム選手は他のジュニアヘビー級のレスラーたちにも上村のように(IWGPジュニアに挑戦したいと)言ってみろよとメッセージを送っていました。

すると早速3名のレスラーが反応。

ナマハゲ「いやいやいや、階級おかしいでしょ?ヘビー(級)2人と、なんでジュニア(ヘビー級)2人なんですか?ちょっとこれは、会社の不手際があると。オレはあくまでジュニアヘビーなんで。どう見たって辻、あれ、ヘビーでしょ?あ、あと、なんか昨日、高橋選手が『誰もベルトに声をあげない』『誰でもいい。誰でも来い』って言っちゃったよ。だったら、ナマハゲがいってもいいんじゃない?ね?ま、日がないかもしんないし、向こうもその気がないかもしんないし。リュウ・リーとやってて、今、声あげたってさ、ぶっちゃけ損するだけなんですよ。そんなこたわかってるけど、あえて言わせてもらう。あそこまで言われて、言わねえ方がダサイから。じゃあ、オレにやらせろよ。ナマハゲでよ

1人目は約1年ぶりに登場したナマハゲ選手。

三上恭佑でもなくエル・デスペラードでもなくナマハゲとして名乗りを上げました。

2人目・3人目は現IWGPジュニアタッグ王者のSHO選手とYOH選手。

特にSHO選手はポッドキャストでもシングル王座への熱意を語っており、ジュニアタッグ王座戦線だけに留まっているつもりは毛頭ない。

今後、SHO選手、YOH選手、ナマハゲ選手がどのような形でIWGPジュニア王座戦線に関わってくるのか目が離せない。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA