2020年の棚橋弘至とAEW世界王座「ジェリコに勝ってもう1回。ベルト懸けろ」【新日本プロレス・2019年12月】

新日本プロレス・棚橋弘至選手がAEW世界王者クリス・ジェリコ選手とのシングルマッチについて語りました。

2019年11月3日、AEW世界王者クリス・ジェリコ選手がVTRで棚橋弘至選手に対戦要求

棚橋弘至選手が受諾すると、レッスルキングダム14(1月5日)でのシングルマッチが正式決定しました。

ジェリコを利用してトップ戦線への再浮上を狙う棚橋弘至選手ですが、公にはしていないもう一つの狙いがあるようです。

タナ番 その反省を生かして来年は…。
タナ いろいろちょっかい出して、首を突っ込んでいくレスラーになります。
タナ番 頑張ってください。
タナ その前にジェリコとはノンタイトルだけど勝ってもう1回やれと。ベルト懸けろと。そうなると禁断のAEWとの扉が開くかもしれない。
タナ番 開いてほしいですかね、会社は。
タナ (苦笑)。とにかく今年はヒジの手術もあったし我慢の1年だったかなって気がします。(引用:週刊プロレス No. 2045)

棚橋弘至選手が勝利した場合、今度はクリス・ジェリコ選手が保持するAEW世界王座を懸けて再戦を希望!

会社としてはAEWはまだ調査段階ですが、すでにAEW世界王座は棚橋弘至選手の視界に入っているようです。

果たして棚橋弘至選手のテーマ曲 LOVE&ENERGY がAEWの会場に鳴り響く日は訪れるのか。

2020年はいろいろちょっかい出していく棚橋弘至選手から目が離せない。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA