棚橋弘至が語るジェリコ戦「利用させてもらう」【新日本プロレス・2019年12月】

新日本プロレス・棚橋弘至選手クリス・ジェリコ選手との初対決への意気込みを語りました。

レッスルキングダム14(1月5日・東京ドーム)でついに実現する棚橋弘至選手とクリス・ジェリコ選手のシングルマッチ。

初対戦に向けてビデオメッセージで挑発を繰り返すクリス・ジェリコ選手に、棚橋弘至選手は軽々しく引退って言うなと反論。

14度目のレッスルキングダムで初めてタイトル戦線から外れた悔しさを噛みしめている棚橋弘至選手は、今回の初対戦をどう捉えているのか。

世界のスーパースター、利用させてもらうから。いっぱい俺のライバルも、俺の仲間も海外に出て行って、どんどん成功してる。俺はそれを見て、なんとも思わないわけないがないよね。いい刺激もらってるし、悔しい気持ちもある。ただ、俺は海外遠征も行かずに、日本にいながらジェリコを利用させてもらう。一気に世界のひのき舞台へ。いいか、全員、追い付いてやるから

クリス・ジェリコ選手を倒してもう一回IWGPのベルト巻くための足がかりにする気満々。

ちなみに、現AEW世界王者クリス・ジェリコ選手の年内のスケジュールは、来週18日・AEWダイナマイトでのジャングルボーイ選手とのシングルマッチで終了。

つまり、レッスルキングダム14にはAEW世界王者として来日予定。

今年8月・オールアウトでAEW初代王者になって以来、シングルマッチで一度も敗北を喫していないクリス・ジェリコ選手から勝利を奪えば、一気に世界から注目されるのは間違いない。

今回の初対戦を機に棚橋弘至選手は再びひのき舞台へ駆け上がれるか。

そしてクリス・ジェリコ選手は鈴木みのる、飯伏幸太、ウィル・オスプレイとの抗争の火種をまき、再び新日本プロレス参戦の可能性を残していくのか注目!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA