天山&小島、略してテンコジ

天山広吉、最後のG1クライマックス26全公式戦を振り返る

新日本プロレスG1 CLIMAX26Aブロック全公式戦が終了した。

今年が最後と公言していた天山広吉選手のG1を振り返る。

7.18きたえーる

今年のG1はまだ終わっていなが、この試合のおかげで最高のスタートを切れたことは間違いない。

見ているファンも様々な感情が交錯する試合だった。

開幕2連勝!

誰よりもG1を知り尽くしている男が初出場の選手に簡単に負けるわけがない。

7.25福島

ついに初黒星。

丸藤選手との真っ向勝負には本当に感動した。

7.28所沢

4連勝と絶好調の真壁選手の前に沈んだ。

もうこの辺から完全に天山選手の虜になった。

7.31岐阜

ヘッドバットを繰り出すたびに心を揺らされた。

このG1で最大のチャンスを逃してしまった。

8.3鹿児島

初めての弱気な発言だった。

しかし天山選手以上に小島選手が悔しそうだったのが印象的。

8.6大阪

本当に小島選手が心から悔しそう。

8.8横浜

このG1、小島選手が公開練習で言ったように「天山広吉というプロレスラー」をすべてさらけだしくれたと思う。

次のG1最終戦、きちんと見届けなければと強く思わされた。

8.12両国

本当に言葉にするのが憚られるが、これこそ絆なんでしょうね。

天山選手がG1に普通にエントリーされていたらあり得なかったこの夏の物語。

毎試合感動をありがとうございました。

テンコジで駆けぬけた夏 #g126 #njpw #小島聡 #天山広吉 #テンコジ

ikukoさん(@19ikuko)が投稿した写真 –

次は小島選手、それからテンコジ!

ライガー選手も言っていたようにまだまだ老けこむ年じゃない!

世界で一番有名で、世界で一番かっこいいタッグチーム、天山&小島、略してテンコジのこれからの活躍を願っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)