エル・デスペラードの「Loco Mono」、棚橋「もう一回、IWGPのベルト巻くから!」【新日本プロレス・2019.10.14・PART1】

新日本プロレス・2019年10月14日・キングオブプロレスリング・両国国技館大会のバックステージコメントまとめ・PART1!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.10.14・キングオブプロレスリング・両国国技館・PART1【ザック欠場、対戦カード変更】
関連:新日本プロレス・試合結果・2019.10.14・キングオブプロレスリング・両国国技館・PART2【デビッド・フィンレー復帰】

エル・デスペラード

デスペラード「……ただいま!いい子にしてたかあ~、ジュニアで
金丸「見たか、オイ! ええ?
デスペラード「俺たちが!主役だって、よ~くわかっただろ、オイ!あーと、なんだっけ、田中&小松って言ってたから、名前忘れちゃった。ああ、そうだ。SHOとYOH!病み上がりだぞ?5か月間。まあ、そもそも練習する人間じゃないけど。リングにすら上がってない人間にさらっと負けちゃって、どした?この5か月間、おまえら何を勉強してきた?

エル・デスペラード選手が約5カ月ぶりに復帰!

復帰戦で前IWGPジュニアタッグ王者組・ロッポンギ3Kに勝利して、明日16日から開幕するスーパージュニアタッグリーグに弾みをつけました。

そして大会終了後、試合終盤に放った顔面への右ストレートをスペイン語でロコ・モノLoco Mono )」と命名!

英語ではクレイジー・モンキー、日本語では狂った猿狂猿という意味。

今年5月にデスマッチで対戦して、アゴを割られた葛西純選手のニックネームを技名として採用しました。

この5カ月間の負傷欠場を意味のある期間だったと証明するためにも、今後もロコ・モノを大切に使い続けてもらいたい。

棚橋弘至

棚橋「23年!俺まだ20年ですから。まだまだ行くよ!ひと言言っとくから!『もう一回!IWGPのベルト巻くから!』(※と、先に控室へ)

タイトル戦線への再浮上を狙う棚橋弘至選手がもう一回!IWGPのベルト巻くから!と、IWGPヘビー級王座戦線への復帰を約束。

しかし、昨日の両国大会でレッスルキングダム14(2020年1月4日・東京ドーム)のIWGPヘビー級王座戦は王者オカダ・カズチカ選手 vs 権利証保持者・飯伏幸太選手に決定。

現時点では棚橋弘至選手がIWGPヘビー級王座戦線に割り込むのは難しくなってしまいました。

残念ながらIWGPヘビー級王座戦線への復帰は来年以降に持ち越し。

そしてレッスルキングダム14に向けて、棚橋弘至選手はクリス・ジェリコ選手との抗争に突入する見込み。

次回のビッグマッチであるパワーストラグル(11月3日)で、クリス・ジェリコ選手がどのように現れるか注目!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA