飯伏幸太の「すごいことを起こします」宣言は国内5大ドームツアー?【新日本プロレス・2019年11月】

新日本プロレス・飯伏幸太選手すごいことを起こします宣言をご紹介。

2019年11月3日、新日本プロレス年内最後のビッグマッチ・パワーストラグルが終了。

メインイベント終了後、IWGPヘビー級王座&IWGPインターコンチネンタル王座の2冠に関わる選手たちがリング上に集結しました。

関連:オカダ・カズチカが2冠問題でファン投票を提案!IWGPヘビー、IC王座をめぐる4人の主張は?【新日本プロレス・2019.11.3・PART4】

各々の主張が食い違うなか、バックステージで飯伏幸太選手が2冠達成後の目標について話しました。

飯伏「ほんとに思った以上に、2冠、賛成の方もいましたね。僕は人生を変えるために、新日本プロレスを選んだんです。みんなのために、来年、2020年、すごいことを起こしますよ。でもそれには、2冠、2つ必要なんです。インターコンチネンタル、IWGPヘビー、この2つが必要なんです。ヒントです。ご、ゴ、5、ご、ゴ、5、ご、ゴ、5……」(引用:新日本プロレス公式サイト

ご、ゴ、5ドームは1つだけじゃないという言葉から連想されるのは国内五大ドームツアー!

札幌ドーム
東京ドーム
ナゴヤドーム
京セラドーム大阪
福岡ドーム(ヤフオクドーム)

もしかすると来年、2020年に新日本プロレス・国内ドームツアー開催が企画されているのかもしれません。

飯伏幸太選手が人生を変えるためにWWEやAEWではなく新日本プロレスを選んだ理由はプロレスをもっと広めたいという思いがあるから。

プロレスというジャンルをさらに広げるためにも、話題性の高い国内5大ドームツアーはまさにうってつけのプラン。

ただ一点、昨年2018年1月にすでに内藤哲也選手が国内6ドームツアーを掲げていたことだけは憶えておきたい。

現在の2冠問題のように、国内ドームツアーに関しても二人の間で論争が起きる予感がします。

例年レッスルキングダム・東京ドーム大会では上半期ビッグマッチのスケジュールが発表されるので、そこでのドームツアー開催の発表を期待しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA