内藤「うっすらと見えてきた」、タイチ「最後のチャンス」【新日本プロレス・2019.10.14・PART2】

新日本プロレス・2019年10月14日・キングオブプロレスリング・両国国技館大会のバックステージコメントまとめ・PART2!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.10.14・キングオブプロレスリング・両国国技館・PART1【ザック欠場、対戦カード変更】
関連:新日本プロレス・試合結果・2019.10.14・キングオブプロレスリング・両国国技館・PART2【デビッド・フィンレー復帰】

内藤哲也

内藤「試合後に襲われておいて言えるようなことじゃないかもしれないけどさぁ、ハッキリと見えていなかった史上初の偉業への道?(※目を開くポーズ)こうやって目を開いたら、うっすらと見えてきたかな。時間がないのは分かってるよ。でも、俺は諦めないよ。なぜなら、うっすらとその道が見えてきたから(※と、少しフラつきながら立ち去る)

今年1月、内藤哲也選手はIWGPヘビー級王座&IWGPインターコンチネンタル王座の2冠という史上初の偉業を目標に掲げました。

しかし、現在の内藤哲也選手はIC王座から陥落してIWGPヘビー級王座戦線・IC王座戦線のどちらからも遠ざかっている状況。

すでにIWGPヘビー級王座戦は決定したため、まだチャンスが残されているIC王座戦線に足を踏み入れることになりそうです。

ただしレッスルキングダム14(2020年1月4日・東京ドーム)でIC王座に挑戦するには、日程的にパワーストラグル(11月3日)までに実績を残さなければなりません。

タイチ

悔しいだろ?ベルト獲られ、俺にもボコボコにされて。だけど、だけど俺とお前の仲だよ。俺は優しいからさ、内藤には優しいから。お前も俺に優しいから。だから、チャンス与えってやってもいいぞ。なあ、お前らこのすぐあいつに伝えてこい。あいつが望むんだったら、最後のチャンスやってやってもいいぞ。あいつがてめぇの口で会社に言うんだったら。やらしてくれって。そのかわりやってやってもいいけどその代わり、次…負けたら…わかってるな、本当の蚊帳の外だ。二度と口出しするな。

一方、内藤哲也選手にタイチ式ラストライドを決めたタイチ選手は悔しいだろ?ベルト獲られ、俺にもボコボコにされてと上から目線の発言。

そして内藤哲也選手が自らの口で会社にやらしてくれと言うならば、G1公式戦で敗れたリベンジの最後のチャンスを与えると余裕の提案をしました。

G1での敗北、そして昨日の両国大会のリベンジを果たして、再びIC王座戦線に乗り込みたい内藤哲也選手にとって願ったり叶ったりの提案。

内藤哲也選手の言葉通り、レッスルキングダム14とその先に待つ史上初の偉業への道うっすらと見えてきましたね。

まずは次期シリーズ最終戦・パワーストラグル(11月3日)でのスペシャルシングルマッチに期待しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA