EVIL「全ての者を吸収してきた」、アーチャー「トーキョーに戻っていく」【新日本プロレス・2019.9.29・PART1】

新日本プロレス・2019年9月29日・ファイティングスピリットアンリーシュド・最終日・フィラデルフィア大会のバックステージコメントまとめ・PART1!

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.9.29・ファイティングスピリットアンリーシュド・最終日

ランス・アーチャー

アーチャー「これからが始まりだ。みんなを死に追いやることがな。すべてから目を離さずに見ていろ。全員、屍と化すのだ。トーキョー、スモーホールに俺は戻っていく。『KING OF PRO-WRESTLING』で、その瞬間が始まるのだ

KESとして長年タッグ戦線で活躍してきたランス・アーチャー選手は、デイビーボーイ・スミスJr.選手の新日本プロレス離脱によりタッグを解消。

今年は5年ぶりにG1クライマックスに出場して、シングルプレーヤーとして怪物ぶりを発揮しました。

そして今月10月14日、再び来日するランス・アーチャー選手は6人タッグマッチに出場予定。

G1に続いてシングル路線を歩むのか、それとも新たなタッグパートナーを決めて再びタッグ路線に戻るのか。

トーキョーに戻ってくるランス・アーチャー選手の動向から目が離せない。

EVIL

EVIL「飯伏、お前は何でもできるパーフェクトな野郎だよ。でもな、プロレスはそれだけじゃねぇんだよ。だがな俺は、このリングの戦いでその他の全ての者を吸収してきてるんだよ。両国でこの俺があの権利証を奪って、東京ドームを、そして新日本をダークネスに染め上げてやるからな、よく覚えとけ。This is EVIL.Everything is EVIL.すべては……EVILだ

アメリカ大会3連戦を闘い終えたEVIL選手が両国で権利証を奪ってやると、10月14日・両国大会で行われるIWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦に勝利宣言!

これまで新日本プロレスで数々の強豪と対戦して吸収してきた経験は、何でもできるパーフェクトな飯伏幸太選手にも負けないというプライドを見せました。

新日本プロレス生え抜きメイド・イン・ニュージャパンの意地を見せられるか注目!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA