2020年のG1クライマックス30「例年通り開催予定」【新日本プロレス・2019年8月】

新日本プロレスのハロルド・メイ社長が来年2020年のG1クライマックス30について語りました。

今年のG1クライマックス29は、アメリカ合衆国テキサス州ダラスで幕を開けました。

史上初の海外でのG1開幕戦を終えると、その後は日本国内を周り、優勝決定戦は昨年に続いて日本武道館で行われました。

毎年7月~8月にかけて開催されているG1クライマックスですが、来年2020年は7月24日~8月9日に東京オリンピックが開催されます。

関連:2020年東京オリンピック期間中の会場問題【新日本プロレス・2018年12月】

都内のG1の会場候補である両国国技館は貸せる状況ではない、後楽園ホールは普通にやりますという状況です。

来年2020年のG1クライマックス30について、ハロルド・メイ社長が語りました。

海外のファンの方にもG1をより身近に感じていただきたかったですし、実際見てもらう大切さはよくわかっています。我々は本物の新日本プロレスをもっていきたいのです。向こうに合わせるのではなく。それはアメリカに限らずどこの国でも同じですけど、日本のそのままをもっていくというスタンス。今年はとくに開幕戦がアメリカだったということもあり、G1というシリーズの知名度が国外で高まっていると感じました。今後もこういう機会を増やしていければと思っております
(中略)
毎夏にドル箱シリーズと化したG1を開催している新日本も当然、東京オリンピックのことは視野に入れている。
間違いなく影響はあると思います。開催時期や会場確保など難しい問題はありますが、現在対策を検討中です。もちろんG1クライマックスは例年通り開催予定です」(引用:週刊プロレス No. 2025)

来年もG1クライマックスは例年通り開催予定と明言するも、やはり東京オリンピックの影響によって会場確保は難しい模様。

都内の大会場を押さえるのが難しい場合は、もしかすると優勝決定戦が初の大阪で開催される可能性もあるかもしれない。

また海外でのG1開催についても今後もこういう機会を増やしていければと明かしており、来年以降はアメリカ以外にイギリスでのG1開催にも期待できそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA