内藤哲也とイベント開催「コッチまで話が下りてこない」【新日本プロレス・2018年8月】

新日本プロレス・内藤哲也選手がイベント開催について語りました。

2019年8月17日、内藤哲也選手は週刊プロレス創刊2000号突破記念イベントに参加。

本隊時代は積極的にファンイベントやプロモーション活動に参加していた内藤哲也選手ですが、現在は海外遠征以外でファンイベントに参加する機会はほぼありません。

ファンイベントに登場しなくなった理由について、内藤哲也選手が自ら語りました。

パレハ 内藤選手は’15年5月にロス・インゴベルナブレスに加入以降、ほぼイベントをやってないのでは?
内藤 そうですね。国内でサイン会をやったのは、’15年6月の大阪城ホールが最後かな。それはロス・インゴに入る前から決まってたんで。あとは’16年10月に元Jリーガーの岩本輝雄さんにお声がけいただいて、ユアテックスタジアムでBUSHIとトークショーをやったくらいだと思います。パレハ 岩本さんはロス・インゴファンなんですよね。ということは、イベント開催は約3年ぶりになりますが、こんなに期間が空いたのはどうしてなんですかね?
内藤 なんでしょうね?個人的にプロモーションとかに参加するのは全然構わないんですけど、とにかくコッチまで話が下りてこないんですよ。おそらく新日本プロレスの陰謀じゃないですか?
パレハ 陰謀(苦笑)。
内藤 「内藤が出たらなに言いだすかわからない、会社のイメージを損ないかねない」っていう(笑)。(引用:週刊プロレス No. 2023)

L・I・Jメンバーが試合前の撮影会やサイン会、プロモーション活動に登場しないのは会社の意向で、内藤哲也選手は乗り気な模様。

今回のイベント開催を機に流れが変わり、国内でも撮影会やサイン会、プロモーション活動に内藤哲也選手が登場するようになると嬉しいものです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA