飯伏幸太のオカダ・カズチカ研究結果

2017.3.6 旗揚げ記念日 大田区体育館大会でオカダ・カズチカ選手と対戦するタイガーマスクW選手に向けて、飯伏幸太選手がレインメーカー攻略のための研究結果を発表しました!

スポンサーリンク

「自分の知る限り、MAXのフィジカルを持つケニーでさえも46分(45秒)やって勝てなかったわけだから、スタミナでは勝てないでしょう。試合は30分1本勝負?なら5分で決めるくらいの考えじゃないと、タイガーは勝てない」と、瞬発力を生かした短期決戦に勝機ありと分析した。(引用:東スポWebより)

これはもう伏せ字とかしなくていいってことでしょうか、まあ私は元々していないのでいいんですが。

飯伏選手がタイガーマスクW選手について語るというネタ記事かと思いましたが、意外としっかりとした分析。

伊達にプロレス研究所の所長じゃありませんね!

3月は間違いなく楽しい一ヶ月になりそうです。

ただこのNJPW旗揚げ45周年記念試合、気になるのは30分1本勝負ということ。

オカダ選手のここ2試合の防衛戦はいずれも試合時間40分超え。

しっかりと相手の技を受けきった上で勝つのがオカダ選手。

飯伏選手からのアドバイス通りの短期決戦にならなかった場合、時間切れドローの可能性もアリ。

昨年のG1 CLIMAXでもオカダ選手はメインイベントで棚橋弘至選手と30分フルタイムで引き分けたので、あり得ない話じゃないと思います。

ここからは単なる妄想。

もし引き分けたら決着をつける必要がある。

次のタイガーマスクW選手の対戦相手はイエローデビル選手が濃厚。

オカダ選手の髪って黄色い(金髪だ)よね。

そう言えばこの前ファンタスティカマニアでマスク被っていたような、あれって予行演習?

オカダ選手は鈴木みのる選手に攻撃された膝の痛みが再発、4月両国のNEW JAPAN CUP優勝者とのIWGPヘビー級王座戦に敗れ、さらにその後欠場。

5月のどんたく、もしくは6月の大阪城で行われるイエローデビル選手とタイガーマスクW選手のスペシャルシングルマッチ。

そのイエローデビル選手の正体こそ、オカダ・カズチカ選手になると予想!

ジューンブライドなんて言葉もありますし、6月頭くらいまで休めればプライベートの方の進展もあるかもしれませんしね。

以上、想像もとい空想にお付き合いありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)