上村優也の「かんぬきスープレックスホールド」、海野「WWEなんて関係ない」【新日本プロレス・2019.6.17・PART1】

新日本プロレス・2019年6月17日・キズナロード2019・後楽園ホール大会のバックステージコメントまとめ・PART1!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.6.17・キズナロード2019【オープニングVTR】

上村優也

上村「俺は今でこそ辻には体格で劣ってるかもしれないけど、ほかは何一つ劣っているなんて思ってないんで。この前の試合後のコメントであいつが言ってたけど、あいつは『これからヘビーでやっていく』とか言ってたけど、そんなの今の俺にとっちゃ関係ねえ。ただ一つ言えることは何年後か知らないけど、あいつと絶対闘うことになる。その時はベルトでも持っとけや

上村優也選手が美しいアームドラッグからのかんぬきスープレックスホールドで、同期の辻陽太選手に勝利!

約10kgの体重差をもろともせず、見事なフォール勝ちを収めました。

どれだけ体格で劣ってるとしてもやはり同期には意地でも負けられない。

いつか二人がベルトを懸けて闘う姿を思い浮かべながら、ヤングライオンとして切磋琢磨する姿を目に焼き付けておきましょう。

海野翔太

海野「まず、『G1 CLIMAX』、出場できなかったです。すっごい悔しい。けど、何が悔しいかって、ジュニアヘビーから2人出たこと。あと、元WWEの選手だから、マイクでひと言しゃべっただけで出れる。そんな現状に、納得いってない。WWEなんて関係ないよ!ジュニアもヘビーも関係ない。若手だから、出ちゃいけないのか。実績がないから出ちゃいけないのか。そうじゃないだろう。新日本の生え抜きとして、ここから全部挽回してやる。全て、飲み込んでやる。この悔しさは、絶対忘れません!

今年のG1に絶対出ると意気込んでいた海野翔太選手でしたが、残念ながら選ばれることはありませんでした。

そして元WWEという実績を携えてG1でお会いしましょうと参戦表明しただけでエントリーされたKENTA選手に不満を露わにしました。

G1クライマックス29期間中の海野翔太選手はジョン・モクスリー選手とタッグを組んで試合に出場すると思われるので、この悔しさをG1出場者たちにぶつけてもらいたい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA