モクスリー、鷹木、KENTA、オスプレイがG1クライマックス29出場を希望!【新日本プロレス・2019.6.9・PART1】

2019年6月9日・ドミニオン・大阪城ホール大会のバックステージコメントまとめ・PART1!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.6.9・ドミニオン IN 大阪城ホール・PART1【オープニングVTR】
関連:新日本プロレス・試合結果・2019.6.9・ドミニオン IN 大阪城ホール・PART2【煽りVTR】

2019年上半期の総決算・ドミニオンが終了。

真夏の祭典・G1クライマックス29(7月6日開幕)に向けて、G1初出場を狙う選手たちが次々と名乗りを上げました。

ジョン・モクスリー

モクスリー「よくやったぜ若いの。おまえ、良いよ。素晴らしいヤングライオンだ。素晴らしいヤングライオンよ、俺のベルトちょっと持っていてくれ(といってUSヘビーのベルトを持たせる)。俺はコイツが気に入った。俺にとってのヤングライオンでもある。だからコイツをスパーリングパートナーにしてもいい。オイ、ロッポンギまで俺を連れて行ってくれないか。それはさておき、俺が今日この試合に臨んだのは、1つのはっきりした意識を持ってリングに上った。それはここがニュージャパンだからだ。それが何を意味するか、おまえらわかるだろ
――あなたは『G1 CLIMAX』に出たいんですか?
モクスリー「(振り返って)おまえらリングで、俺の言葉を聞いただろ。俺の言葉はバイオレンスだ。俺はもうわかってる。俺を『G1』に、入れろ。(海野に)おまえ、また倒れてるのか。自分で立ち上がれよ。(と言いながら、再び肩を貸して一緒に控室へ)

まずはWWEを退団してAEWに電撃移籍したジョン・モクスリー(元:ディーン・アンブローズ)選手がG1参戦を表明!

AEWはG1期間中(7月6日〜8月12日)にファイト・フォー・ザ・フォールン(7月13日)を開催するため、予想外の参戦表明でした。

また対戦相手を務めた海野翔太選手をスパーリングパートナーにしてもいいと評価。

G1期間中の公式戦が組まれていない日は、海野翔太選手がジョン・モクスリー選手のタッグパートナーを務めることになるかもしれない。

鷹木信悟

それはそうと、リング上で言ったこと。まあ、もしかしたら新日本も、今日も俺の実力を試すために小島と(試合を)組んだんか?じゃあ、俺も開き直ったぜ。なあ新日本、とことん俺のこと試せよ。な?試せよ。そのかわり、どこで試すかわかってんのか?来月の6日、ダラスで開幕する『G1』、そこで、俺のこと試せよ。そしたらわかるぜ、ジュニアだろうがヘビーだろうが、スゲエヤツはスゲエんだ。そして、強えヤツは強えんだ。俺がこの身をもって!証明してやる

続いて、リング上でもG1参戦表明をした鷹木信悟選手。

BOSJ26準優勝、ヘビー級の小島聡選手を撃破という実績を携えて、G1初出場を目指します。

KENTA

KENTA「そうですね、やっぱり、『G1』はホントに新日本プロレス 、ニュージャパンといえば世界中でも、まさに最高峰のうちの一つだと思うし、まあニュージャパンでもみんな、世界のどこでも通用する、いま団体だと思ういますし、そういうなかでしっかり自分というものを残して活躍することができれば、おのずと世界に対しても、また改めてKENTAっていうものをアピールできると思うし。『G1』はそれにとっては、一番いい場所なんじゃないですか
--(WWEを辞めてから)いろんな選択肢があったと思いますが、新日本を選んだ一番の決め手は?
KENTA「対世界ですね。今、新日本、世界に向けても凄く大きくなってますし、事実、4月、マディソン・スクエア・ガーデンをいっぱいにする団体ですし、選手の層を考えても、世界最高峰の一つだと思うし。そういう中できっちり自分というものを出せれば、対世界に対してもアピールしていける。そこが一番大きかったですね

今年2月にWWEを退団したKENTA(元:イタミ・ヒデオ)選手が、盟友・柴田勝頼選手がとともに新日本プロレスに登場。

そしてG1クライマックス29出場を宣言!

KENTA選手が新日本プロレスを新たな主戦場に選んだ理由は対世界

ただ昨日9日、KENTA選手の古巣であるプロレスリングノアは三沢光晴メモリアル 2019を開催。

まさかのタイミングでの新日本プロレス参戦発表に困惑する選手、ファンも少なくない。

怪我で悩まされたWWE時代の悔しさを払拭するためにも、新日本プロレスで埋もれることなく熱い闘いを見せてもらいたい。

ウィル・オスプレイ

そして、あえて俺は言う。あえて俺は主張したい。ジュニアのベルトを持った状態で『G1 CLIMAX』に出場したいんだ。ジュニアにはその価値がないのか?それを考えてみて欲しい。ジュニアのチャンピオンが『G1 CLIMAX』に挑戦する。あえて俺をその中に入れろ、と俺は主張する。このトロフィーを持って、『SUPER Jr.』の優勝のトロフィーを『G1』のトロフィーに変えてみせる!

BOSJ26優勝&IWGPジュニアヘビー級王座獲得を果たしたウィル・オスプレイ選手がG1参戦表明!

もし実現すれば、プリンス・デヴィット選手以来となる6年ぶりのIWGPジュニアヘビー級王者のG1参戦。

来週6月17日頃には日本への引っ越しも決まっており、今まで以上に本腰を入れて新日本プロレスでの試合に専念することになりそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA