内藤哲也「振り出しに戻れた」、ジェリコが棚橋との対戦を約束&G1出場を希望【新日本プロレス・2019.6.9・PART3】

2019年6月9日・ドミニオン・大阪城ホール大会のバックステージコメントまとめ・PART3!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.6.9・ドミニオン IN 大阪城ホール・PART1【オープニングVTR】
関連:新日本プロレス・試合結果・2019.6.9・ドミニオン IN 大阪城ホール・PART2【煽りVTR】

内藤哲也

内藤「(※コメントスペースに用意されていたイスを放り投げて、立ったままでコメント)このベルトにどんな価値があるのか、いまだに俺はよくわかってないけど、でも今日、いま現在、一番欲しいベルトであったことは間違いないからね。こうしてIWGPインターコンチネンタル王座を獲れたことで、またIWGPヘビーとの同時戴冠という目標……近づいたとは言わないよ。でも、また振り出しに戻れたかな。ここから俺は、インターコンチネンタル王座を保持しつつ、IWGPヘビー級を狙っていきますよ。このあとちょうどね、『G1 CLIMAX』があるわけでしょ?そこで優勝すれば自動的に、誰に文句も言われずに、IWGPヘビー級の挑戦権が獲得できるんでしょ?手っ取り早いね。いいタイミングで、このベルトが戻ってきたね。このベルトもさぞかし、俺の元に戻ってきたことでしょう。さあ、また振り出しに戻ってしまったけど、でも、俺はこのインターコンチネンタル王座を保持しつつ、IWGPヘビー級王座を狙っていきますよ。

MSGでIWGPインターコンチネンタル王座から陥落した内藤哲也選手が王座返り咲きに成功!

ここから再びIWGPヘビー級王座&IWGPインターコンチネンタル王座の2冠という史上初の記録達成に向けて歩み始めます。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.4.6・G1スーパーカード・PART3【ブリティッシュヘビー級王座戦~IWGPヘビー級王座戦】

クリス・ジェリコ

ニュージャパンはとんでもなく素晴らしい団体だ。ここに俺がいることで、さらに素晴らしくなっている。オカダよ、またいつか闘おう。タナハシ、いやバカハシよ、お前と闘うことも約束しといてやる。何か質問はあるか?(質問するなら)今のうちだぞ
--じゃあ、次の相手はタナハシかオカダか、どちらを希望しますか?
ジェリコ「どっちでもいい。同時に2人とでもいいぞ。クリス・ジェリコvsオカダ、タナハシのハンディキャップマッチでもいい。俺に異論はない。どこで見たい?(シングル2試合なら)ビッグマッチを2回できるな。1月4日のそして1月5日のトーキョードーム、すぐにでもチケットは売り切れるぜ。クリス・ジェリコがリングに上がるということだけでな。両大会とも4万枚のチケットがさばけるぜ。トーキョードームもだが、『G1』に出てもいいんだぞ。『G1』には出たいと思ってる。『G1』に誰がエントリーされてるんだ?オカダもタナハシも『G1』に出るんだろ?ほかは誰だ?ジョン・モクスリーも出たいといったらしいな。俺はあいつをぶちのめしたいんだ。3年前、15,000ドル(約162万円)もするライダージャケットを引き裂きやがったからな。KENTAも来たらしいな。KENTAとは2年目、(WWEの)リョーゴクで闘った。あいつらが『G1』に出るなら、俺も『G1』にエントリーしたっていんじゃないか?俺が『G1』に出たら、“クリス・ジーワンリコ”だ。どう思う?やってもいいだろ?

IWGPヘビー級王座に初挑戦したクリス・ジェリコ選手が、次回以降の新日本プロレス参戦について言及。

試合後に遺恨が生じた棚橋弘至選手との対戦を約束。

まだだいぶ先の話だが、来年2020年1月4日&5日・東京ドーム大会でシングルマッチが実現か?

さらにクリス・ジェリコ選手はG1クライマックス29(7月6日開幕)出場にも意欲。

この発言がどこまで本気なのか分かりませんが、AEWのジョン・モクスリー選手が参戦するからには、クリス・ジェリコ選手も不可能ではない。

例年通りならば、G1出場者はキズナロード(6月14日開幕)で発表される見込み。

今年は誰が出場するのか、新日本プロレスからの公式発表をお楽しみに!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA