新日本プロレスG1CLIMAX26内藤哲也

内藤哲也がG1で見せた変形リバースDDTってどんな技?


新日本プロレスG1 CLIMAX26十日目8.1高松のメインイベントで内藤哲也選手が変形リバースDDTを見せた。

速くてよくわからなかった人のために、一体どんな技なのかご紹介!

公式ではドラゴンスリーパー式リバースDDTと書かれており、以前出したこともあるので新技ではないようだ。

ボディスラムの形から足だけ着地させてのリバースDDTは、ジョニー・スミス選手のオリジナル技「ブリティッシュフォール」

ロス・インゴベルナブレス以前の内藤選手はグロリアからのスターダストプレスが必勝パターンだった

なので本音を言うと、今の内藤選手には大一番以外ではグロリアも出して欲しくない。

そう考えていた中、急所蹴りからのデスティーノ以外に新しいパターンが確立できたのは嬉しい。

これでグロリアを使う機会が減れば減るほど、グロリアからのスターダストプレスが見れた時にはより大きな感動を生む。

10人中6人が6点で首位という大混戦のBブロックの主役は、やはり内藤選手かもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)