新日本プロレスモータシティ・マシンガンズvsヤングバックス

7年ぶりに来日するモーターシティ・マシンガンズを予習しよう!

8.21SUPER J-CUP2016有明コロシアムの全カードが発表された。

待望のモーターシティ・マシンガンズ(MCMG)が7年ぶりに来日するということで、MCMGを予習しよう!

MCMGとは?

モーターシティ・マシンガンズ(Motor City Machine Guns)は、クリス・セイビン選手とアレックス・シェリー選手のタッグチーム。

二人とも「モーターシティ」ことミシガン州デトロイト出身であることがチーム名の由来。

2009年にはIWGPジュニアヘビー級タッグチーム王者にもなった。

セイビン選手の怪我やシェリー選手のKUSHIDA選手とのタッグ結成により消滅していたが、2016年ROHでタッグを再結成した。

vsチーム3D

TNA時代に抗争を繰り広げたチーム3Dとの試合。

タイム・スプリッターズの原点が垣間見られる。

vsヤングバックス

現在のヤングバックスであるジェネレーション・ミーとのフル・メタル・メイヘム戦(TLC戦)。

今よりも若いヤングバックスが見られるのも嬉しいし、試合自体が最高に面白い。

これを見ればヤングバックスとMCMGがアメリカで大人気の理由がすぐにわかる。

シェリーを巡る三角関係

KUSHIDA選手のファン的に一番気になるのは、今のシェリー選手の気持ちはKUSHIDA選手とセイビン選手のどちらにあるのかという点。

MCMGでIWGPジュニアタッグに挑戦ということは今はセイビン選手寄りかも。

もしここでタッグ王座を獲得すれば、今後も新日本プロレス参戦は確実。

そうすればかねてから私が希望していた、MCMG+KUSHIDA選手でNEVER6人タッグ王座挑戦も見えてくる。

そしてモーターシティ・タイムマシンガンズ・スプリッターズ(MCTMGS)結成を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)