新日本プロレスNEVER無差別級王者柴田勝頼

柴田「“キング・オブ・ダークネス”も、もうすぐ1歳か…」新日本プロレスG1クライマックス26

新日本プロレスG1 CLIMAX26柴田勝頼選手公式インタビューの後編がアップされた。

同じBブロックのYOSHI-HASHI選手、永田裕志選手、EVIL選手と、Aブロックのオカダ・カズチカ選手についてのコメントをご紹介。

YOSHI-HASHI

柴田 う~ん。難しいですね。彼に関しては……何を言ったらいいか、わかんないすね。とくに言葉がないというか。(*1)

どうやら柴田選手にYOSHI-HASHI選手は響いていない様子。

永田裕志

柴田 まあ、永田さんと何度も闘ってきた中で、べつにそこまで気持ちが通じたわけではないですよ。でも、実際に試合をしてみて「痛みを与え合ったからこそわかる」ことって絶対あるんですよ。そういう部分では、今年の上半期は、第3世代の底力を感じましたね。……ただ、何度も言いますけど、俺はオッサンじゃないからな(ギロリ)。(*1)

永田選手からNEVER無差別級王座を奪い返した柴田選手。

#KatsuyoriShibata The 10th NEVER Open Weight Champion #njnbg #njpw #THEWRESTLER

NJPW【official】さん(@njpw1972)が投稿した写真 –

第三世代を乗り越えた柴田選手の言葉は頼もしい。

オカダ・カズチカ

――たしかにオカダ選手は、第三世代といまだ真正面からは向かい合っていないですよね。
柴田 それと「そのオッサン達は、おまえが思ってるよりも強いぞ?」っていうのはありますよ。だから「まず、やってからモノを言えよ?」「やってねーのに、言うなよな」とは言いたいですね。つべこべ言う前に、半年位かけてたっぷりオッサンの相手してみたらいいですよ。“ゆとり世代闘争”を。(*1)

天山選手との公式戦を見ても、やはり第一線の選手と戦うだけでなく、ベテラン選手にリングの上でプロレスを身体で教えてもらうことも必要なのかのと思う。

EVIL

――柴田選手は、EVIL選手がしゃべる選手だとは思っていなかった?
柴田 ええ。初めて知りました。だからあの時、「アレ、喋っていいんだ、コイツ?」「ホントに喋っちゃうんだ!?」「しかも日本語なんだ!!」と(笑)。
(略)
柴田 ああ、そうなんですか。でも、アイツも海外から戻ってきて1年ぐらい? もうすぐ満1歳ですかね。“キング・オブ・ダークネス”も、もうすぐ1歳か……。(*1)

そこ?って思うけど、そこがまた柴田選手らしいというか。

EVIL選手がケリを受けまくって、柴田選手がラリアットを受けまくる熱戦が始まる前から想像できる。

8.13両国Bブロック最終戦が楽しみ!

(*1)引用 新日本プロレス公式サイトより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)