海野翔太とNEVER無差別級王座【新日本プロレス・2019年1月】

新日本プロレス・海野翔太選手の2019年の目標をご紹介。

スポンサーリンク

今年4月でデビューから2年を迎える海野翔太選手。

まだまだヤングライオンとしてやり残していることはたくさんある」と語る海野翔太選手が、2019年の具体的な目標としてNEVER無差別級王座挑戦を掲げました。

去年、タイチ選手がベルトを取ったときに”ヤングライオンでもだれでも挑戦して来い”と言ってましたし、あと元々NEVERは下の人間たちでも競い合ってほしいと提唱されたものなので、ヤングライオンでも挑戦権利はあるんじゃないかなと。今年中に挑戦したいです。(引用:週刊プロレス No.1994)

海野翔太選手の言葉通り、本来のNEVER無差別級王座は若手の底上げのために創設されたベルト。

初代王座決定トーナメントには当時ヤングライオンの高橋広夢選手も出場していました。

■ 菅林社長のコメント
このたび、『NEVER』をリニューアルして、あらたな大会として開催することになりました。当初の計画である、“若手の底上げ”にさらに力を入れていくために、このベルトと新しい会場を用意いたしました。若い世代にこの大会を託します。その代表的な立場である内藤選手に来てもらいました」(引用:新日本プロレス公式サイト

海野翔太選手がヤングライオンとしてNEVER無差別級王座に挑戦する日を心待ちにしています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA