ストロングハーツのスパイは吉岡世起!【週刊WRESTLE-1 TV】

今週の「週刊WRESTLE-1 TV #085は、2018年11月23日・後楽園ホール大会速報!

関連:トンドコロ隼が初勝利!芦野祥太郎がCIMAに対戦要求!【週刊WRESTLE-1 TV】

スポンサーリンク

今週は如月さや( @saya_0415 )さんがお届け!

まずは23日・後楽園ホール大会、第3試合の黒潮イケメン二郎選手の復帰戦。

戦前の予告通りイケメンスラッシュで勝利を飾るもすいません、しょっぱかったですと猛省。

レッスルワンを引っ張るのは俺しかいないという頼もしい言葉を信じて、コンディションを上げていってもらいたい。

続いて第4試合、CIMA選手&トンドコロ隼選手の初タッグ結成。

試合途中にアレハンドロ選手のマスクを被った謎の選手が乱入、さらにストロングハーツ勢も入り乱れて反則裁定。

そしてCIMA選手がレッスルワンのスパイ、アレハンドロではなく、吉岡世起だ!と紹介。

負傷欠場中だった吉岡世起選手がまさかのストロングハーツ加入!

そして吉岡世起選手は、T-Hawk選手&エル・リンダマン選手と組み、メインイベントでアンファンテリブルとの対抗戦に出場。

結果は吉岡世起選手がクロスフィックスで丸め込んで勝利を上げたが、何よりも熱かったのがT-Hawk選手と芦野祥太郎選手の真っ向勝負。

試合中の激しい打撃戦はもちろん、試合後のマイクでもお互いに感情を爆発。

T-Hawk「アンファンテリブル、特に芦野、お前だ、こら!普段よ、いつもスカして、スカして、いつもそれぐらい本気で来いよ!おい、芦野!お前はな、レッスルワンを1から2を作ったかもしれないけどな、俺たちは今0から1を作ってんだよ。そこの差なんだよ!
芦野祥太郎「俺もレッスルワンの生え抜きでやってんだ!ゼロから作ってきたんだよ、今のレッスルワンをよ!分かんねえだろ、お前には!何人退団した?新しい人間が何人入った?俺たちが作りあげたレッスルワンを絶対壊させねえからな

たったキャリア2年で王者となり、若くして団体の苦しい時期を支えてきたという生々しい感情が、芦野祥太郎選手のマイクにはこもっていました。

そして芦野祥太郎選手は、CIMA選手に対戦要求を断られてしまうが、そこに乱入してきたトンドコロ隼選手と共闘を宣言。

12月26日の年内最後の後楽園ホール大会でアンファンテリブル対ストロングハーツの10人タッグマッチが決定!

いよいよストロングハーツとの対抗戦も最終章を迎えるのか、それともまた新たな抗争が勃発するのか。

次週の週刊WRESTLE-1 TV をお楽しみに!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA