トンドコロ隼が初勝利!芦野祥太郎がCIMAに対戦要求!【週刊WRESTLE-1 TV】

今週の「週刊WRESTLE-1 TV #084は、2018年11月16日・埼玉大会、17日・千葉大会速報!

関連:黒潮イケメン二郎、復帰戦に向けて新技開発!【週刊WRESTLE-1 TV】

スポンサーリンク

今週はチアワンの永友春菜( @tomoh0101 )さんがお届け!

まずは11月16日・埼玉大会!

CIMA選手に敗れて改名したトンドコロ隼選手が、改名後初勝利!

格上のアレハンドロ選手から奪った白星を今後につなげるためにも、23日・後楽園ホール大会のCIMA選手たのタッグでさらなる飛躍を期待。

続いて17日・千葉大会!

火野裕士選手が約1年ぶりにレッスルワンに参戦。

まだ実現していないレッスルワンチャンピオン・芦野祥太郎選手との一騎打ちを心待ちにしています!

そして芦野祥太郎選手は、23日・後楽園ホール大会でストロングハーツとの対抗戦でタップアウトで勝利を収めたら、次はCIMA選手との対戦を要求。

年内最後の12月26日・後楽園ホール大会を締めくくる試合は、芦野祥太郎選手とCIMA選手のレッスルワンチャンピオンシップか?

セミファイナルはリザルト王座戦、タナカ岩石選手 vs 熊嵐選手。

結果は熊嵐選手がダイビングセントーンで勝利!

これにより、アンファンテリブル(芦野祥太郎選手、児玉裕輔選手、熊嵐選手)がレッスルワンのシングル王座のベルト3本を独占。

情熱を注いでいたリザルト王座のベルトをゴミ箱に捨てられるという屈辱を味わったタナカ岩石選手には、この屈辱をバネにして再浮上する姿を期待しています。

最後は欠場中の立花誠吾選手による23日・後楽園ホール大会の勝敗予想。

プロレス総合学院・1期生同期の木村花選手はこの勝敗予想にご立腹。

立花誠吾選手の勝敗予想を覆し、木村花選手&朱崇花選手組にはレッスルワンの女子戦線をどんどん盛り上げていってもらいましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA