内藤哲也「外道がいないとカネの雨を降らせられない男」、エルガンとテンコジ、小島「会社がどう受け止めるのか?」【新日本プロレス・2018.11.24】

新日本プロレス・2018年11月24日・ワールドタッグリーグ2018・毎日興業アリーナ久喜(久喜市総合体育館)大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2018.11.24・ワールドタッグリーグ2018・六日目

スポンサーリンク

マイケル・エルガン

明日、相手はテンザンとコジマだ。2人には高い敬意を払ってる。自宅で、レスラーになる夢を実現しようと、彼らの日本での30分以上にも及ぶ試合を見ていた。何度も何度も、もういいっていうぐらいに。それほどまで見たお前らに、一言付け加えさせてもらう。今の俺たちはタッグのタイトルが欲しい。そのためには、この『WORLD TAG LEAGUE』で優勝しないといけない。そしてタッグ王座をいただく

マイケル・エルガン選手&ジェフ・コブ選手組は、ここまで公式戦3戦全敗。

優勝を目指すためにも、本日25日に対戦するテンコジには意地でも負けられない。

ファン時代からの憧れであるテンコジから初勝利を奪えるか注目!

小島聡

このチャンピオンに勝ったっていうことをね、会社がどういうふうに受け止めてくれるのか!?っていうのを考えたいね。ただ単にマグレで勝ったのか!?もしそう思うんだったら、会社がもう1回(試合を)組んでくればいいんだよ。な!?それがチャンピオンシップであっても、なくてもいいよ。な!?そういうことだよ。それだけ、リーグ戦だろうがなんだろうが、チャンピオンに勝つということは、とても貴重なことだと思ってます。これは、物凄くデッカイ記事にして下さい!いまの“現チャンピオンチーム”に勝つこと。(それが)どれだけ凄いことか!?それをちゃんと書いておいて下さい。

昨日24日の公式戦で、テンコジが現・IWGPタッグ王者組のG.O.D.に勝利!

現王者に土をつけた事実を会社はどう判断するのか?

平成最後の東京ドーム大会で、平成の名タッグ・テンコジがIWGPタッグ王座に挑戦する姿が見られる可能性が出てきました。

残りの公式戦で単にマグレで勝ったのではないと証明して、IWGPタッグ王座挑戦につなげられるか?

内藤哲也

内藤「昨日、ひっさびさに開催された川崎大会、そして、今日は1年7ヶ月ぶりの開催となった久喜大会。2階席の端っこまで、たくさんのお客様で埋まってましたよ。川崎大会ご来場のお客様も、久喜大会ご来場のお客様も、皆様、(内藤と)“大合唱”がしたかったわけでしょ!?いや~、2日間、とんだバッドエンドになってしまいましたよ。(※場内からオカダのマイクアピールが聞こえ)しかも、こんなグダグダなマイク(アピール)を聞かせられてね。やはりオカダは、外道がいないと一人前にはなれないのかな?外道がいないと、カネの雨を降らせられない男ってことかな?なんか、もっとしっかりして欲しいね。彼を追いかけて来た、彼と棚橋(弘至)を追い続けて来た俺としてはね、非常に悲しい現実ですよ。今日もこんなグダグダ(と)マイクやってないで、言うことがないならさっさと帰って来ればいいんだよ。久喜大会ご来場のお客様も、『早く終わんないかな!?』『終電、そろそろ間に合わないんだけど』とか、思ってるかもしれないよ!?まあ、リーグ戦、明日はEVIL・SANADA組のリーグ戦4戦目!?彼ら2人が明日、愛知県体育館のメインイベントで、どれだけの試合を見せてくれるのか?愛知県体育館のお客様をどれだけ熱狂させられるのか?俺はモニターで、もしくは新日本プロレスワールドで、じっくり見させていただきますよ。

2大会連続でメインイベントの勝利をCHAOSに譲り、内藤哲也選手は恒例のマイクで大会を締めることはできませんでした。

そして勝者として大会を締めたオカダ・カズチカ選手のマイクをとんだバッドエンドと酷評。

外道選手の安定したマイクや、内藤哲也選手のデ・ハ・ポン大合唱、棚橋弘至選手の愛してまーす!、ケニー・オメガ選手のグッバイ・アンド・グッナイ!バン!と比べると、グダグダなマイクと言われるのも仕方がない。

外道選手のイメージを払拭するためにも、カネの雨が降るぞ!に代わる新たなマイクを定着させたいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA