NEVER無差別級王座挑戦を希望している選手【新日本プロレス・2018年10月】

新日本プロレス・2018年11月3日・パワーストラグル・大阪大会のNEVER無差別級王座戦の行方についてご紹介。

スポンサーリンク

ウィル・オスプレイ選手の脇腹負傷により、新日本プロレスは11月3日のNEVER無差別級王座戦を中止。

関連:ウィル・オスプレイが脇腹負傷で欠場【新日本プロレス・2018年10月】
関連:2018.11.3・パワーストラグルの一部対戦カードが決定!【新日本プロレス・2018年11月】

タイトルマッチ中止という決定に、NEVER無差別級王者のタイチ選手はあきれた様子。

今シリーズに参戦している選手のなかで、NEVER無差別級王座挑戦に興味を示しているのはチェイス・オーエンズ選手、後藤洋央紀選手、トーア・ヘナーレ選手。

関連:内藤哲也「例えば『負けたら何々します』とかね」、オーエンズがNEVER挑戦に意欲、EVIL「今日は俺の意見を言ってやる」【新日本プロレス・2018.9.8】

次期挑戦者の最有力は、前王者の後藤洋央紀選手か?

関連:新日本プロレス・試合結果・2018.9.17・ディストラクション IN 別府【第2試合まで無料】

ただ個人的には、もともとNEVER無差別級王座創設の理由は若手の底上げなので、こういうイレギュラーな機会だからこそ、トーア・ヘナーレ選手にもチャンスが与えられて欲しい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA