棚橋弘至「仙台、いろいろ憶えてるよ」、KUSHIDA「メインを食う」、タイチ「客は望んでない」【新日本プロレス・2018.10.29】

新日本プロレス・2018年10月29日・スーパージュニアタッグリーグ2018・夢メッセみやぎ(本館展示棟・展示ホールC)大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2018.10.29・スーパージュニアタッグリーグ2018・十日目

スポンサーリンク

KUSHIDA

最後の公式戦、(対ROPPONGI)3K、俺たち、タッグチームとしての価値、何よりも我々が抱えているこのチームのワクワク感たるや、何も失ったものはない。最後の公式戦、『ニュージャパンワールド』(新日本プロレスワールド)でLIVE、だけどセミファイナル。メインイベントはCHAOS、BULLLET CLUBの10人タッグ。ジュニアヘビー、ジュニアタッグの歴史、最初にさかのぼれば、僕とアレックス・シェリーが組んでいたころ、ビッグマッチの第1試合をIWGPジュニアタッグが務めてました。試合順、そんなものは関係ない。そこまで、そうやって言い切れるほど、僕は人間的に成長しました。プロレスラーとしても成長しました。要は、メインを食う試合をすればいいだけですよ。

現在開催中のシリーズの名称はロードトゥ・パワーストラグル~スーパージュニアタッグリーグ2018~にもかかわらず、公式戦がメインイベントに組まれたのは後楽園ホール大会のみ。

本来ならば、エントリー選手としては文句のひとつも言いたくなる扱い。

しかし試合順は関係ない、かつてビッグマッチを第1試合からジュニアタッグ戦線で沸かせてきたようにメインを食う試合をするだけだとコメント。

その毎試合毎試合の積み重ねが、今現在のKUSHIDA選手のポジションを築き上げてきた。

KUSHIDA選手の決勝戦進出の可能性はなくなってしまったが、最終公式戦は最高峰のジュニアタッグの闘いを期待!

後藤洋央紀 / タイチ

後藤「自分のTwitterのフォロワーを利用して投票?ご苦労なこった。そんなに、この俺とやるのが怖いのか?ってか、そうこうしているうちに(リターンマッチが)決まっちまったぞ。次はどうする?署名活動でもするか?そんなことしても、何も変わりゃしない。NEVERが俺を選んだんだよ。運命だと諦めな。もう逃げ場はないぜ。オスプレイはゆっくり休んでくれ。あとは俺に任せろ!!

後藤洋央紀選手の要求通り、11月3日・大阪大会でのNEVER無差別級王座戦が決定!

関連:2018.11.3・パワーストラグルの一部対戦カードが決定!【新日本プロレス・2018年11月】
関連:内藤哲也「お前、ほんとにそれでいいの?」、田口もNEVERに興味、ジェイ「もう一人、俺たちには仲間がいる」【新日本プロレス・2018.10.28】

しかしNEVER無差別級王者のタイチ選手は、相変わらず後藤洋央紀選手のリマッチに反対の姿勢は崩さず。

気分が上がらないタイチ選手が脇腹負傷で欠場しないこと祈りましょう。

棚橋弘至

このね、仙台、いろいろ覚えてるよ。オカダに抜かれちまったけど、V11、始まったのがこの仙台。その時の気持ち、もっとさかのぼれば、プロレスを初めて見て、“なんだ、この面白いジャンルは!”っていった時の初期衝動……自分が好きになったプロレスっていうのをきっとね、忘れられないんだと思う、その初期衝動を。だから、プロレスが自分が良くないと思う方向にいくことが我慢できない。よくね、俺も『新日本プロレスを変えたんじゃないか』って言われるけど、とっておきの話しようか(※ニヤリ)。もうみんな、とっくに気づいてるかもしれないけど。新日本プロレスの伝統、レスリング、試合内容っていうのは変わってない。俺は新日本プロレスっていうものの器を変えただけ。もっとわかりやすく言うと、新日本プロレスの包み紙を派手にしただけ。中は伝統のものだから……(※というと、ゆっくり立ち上がって控室へ)

棚橋弘至選手にとって、仙台はIWGPヘビー級王座・V11の始まりの大切な場所。

関連:棚橋弘至、V1【2011.2.20・V11への道】

来年2019年1月4日・東京ドーム大会のIWGPヘビー級王座戦に向けてプロレスに対する初期衝動を思い出し、仙台のファンがより強い決意をもたらしてくれたようです。

そして今シリーズ、オカダ・カズチカ選手との握手という大事件も起きたが、ケニー・オメガ選手が不在のあいだに少しずつ対立構造を作るのも忘れていない。

関連:棚橋弘至「ケニーのプロレススタイル、大嫌い」、バレッタ「お前は本当にどうかしてる」、田口のご当地スープレックス【新日本プロレス・2018.10.26】

イッテンヨンまで残り約2カ月、ケニー・オメガ選手が来日してより二人の対立がヒートアップしていくのが楽しみである。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA