棚橋弘至、V1【2011.2.20・V11への道】

【新日本プロレス・振り返りNo.62】

今回は2011年2月20日の棚橋弘至選手!

スポンサーリンク

IWGPヘビー級王座戦

〇[王者]棚橋弘至ハイフライフローvs× 小島聡

2011年2月20日・仙台サンプラザホール大会、東京ドーム大会でIWGPヘビー級王座のベルトを奪い返した棚橋弘至選手の初防衛戦!

関連:棚橋弘至が5度目のIWGPヘビー級王座戴冠!【2011.1.4】

小島軍(仮)のセコンドのタイチ選手が真壁刀義選手に排除され、リング上は1対1に。

棚橋弘至選手はラリアット封じの右腕攻め、対する小島聡選手はDDTで痛めた首を徹底的に攻撃。

キャメルクラッチ、コジコジカッター、場外DDTでさらに追い込むが、棚橋弘至選手もダルマ式ジャーマン、腕へのドラゴンスクリュー、そして掟破りのラリアットで反撃。

最後は背中にハイフライフローを決めて、正調のハイフライフローで3カウント、王座防衛!

仙台の観客からの大歓声に涙ぐむ棚橋弘至選手の俺は、 今日、仙台のこの日を、生涯忘れません!という言葉は、いつ見てもたまらない。

棚橋弘至選手のIWGPヘビー級王座・最多連続防衛回数11回の記録はこの日からスタート。

久しく聞いていなかった「HIGH ENERGY」「愛してまーす」、最高でした!

タナ不足の方は新日本プロレスワールドで過去の動画を漁ってみいかがでしょう?

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA