オカダ・カズチカ&YOSHI-HASHIのダブル凱旋帰国試合【2012.1.4】

新日本プロレス・振り返りNo.119

今回は2012年1月4日のオカダ・カズチカ選手&YOSHI-HASHI選手!

スポンサーリンク

オカダ・カズチカ& YOSHI-HASHI 凱旋帰国試合

〇 オカダ・
カズチカ
レインメーカー

vs

× YOSHI-HASHI

関連:試合動画(新日本プロレスワールド)

2012年1月4日・レッスルキングダム6・東京ドーム大会の第3試合。

約2年のアメリカ・TNA遠征から帰国した岡田かずちか選手と、約1年半のメキシコ・CMLL遠征を終えた吉橋伸雄選手のダブル凱旋帰国試合!

関連:岡田かずちか「俺が中心になってプロレス変えます!!」【2010.1.31】
関連:吉橋伸雄がメキシコ遠征志願【2010.6.13】

戦前から二人は自信に満ちた発言をして、凱旋帰国試合を迎えました。

—じゃあ、お世話になった先輩たちも狙っていく?
YOSHI かたっぱしから潰して行くよ(ニヤリ)。まぁ、いまの新日本プロレスの“象徴”は棚橋弘至か?下からドンドン突き崩して、最終的には、その“象徴”の首をブン獲ってやるよ。
(中略)
—現王者・棚橋弘至のことはどう見てました?
オカダ 棚橋弘至?まぁ……「そんなんでいいのか?」と。
—そんなんでいいのか?
オカダ フフフ。あんなヤツがチャンピオンなら、俺が持つべきだろって。「プロレス界をよくする」とか息巻いてるらしいけど、結局、何か変わった?べつに何も変わってないでしょ?アメリカにいても「新日本はよくなった」なんて声は一切聞かないしね。
—ただ、棚橋選手は、2011年のプロレス大賞MVPも獲りましたし、IWGP王座も10連続防衛という偉業をなしとげてますけど……。
オカダ (さえぎって)でも、世界には何も届いてないよ。逆に俺は大きな世界をタップリ見てきてるんで、日本に閉じこもっている棚橋のスケールの小ささが一層際立つよね(苦笑)。
(中略)
—いま、一番自信のある部分は?
オカダ すべてだね。身体、動き、強さ……日本の連中とは、段違いのモノを身につけて帰ってきたんで。1.4からは、俺が一気にテッペンを狙わせてもらう。2012年、俺が帰ってきたことで、新日本の風景はドンドン変わっていくし、ビジネスもガンガン上向いていく。すべては俺中心!この俺、“レインメーカー”オカダ・カズチカが、新日本プロレスはもちろん、プロレス業界全体を動かして、金の雨を降らせてやる!(ニヤリ)。(引用:新日本プロレス公式サイト

試合はYOSHI-HASHI選手が奇襲を仕掛けるも、オカダ・カズチカ選手がドロップキックで形勢逆転。

最後はオカダ・カズチカ選手が初期型レインメーカー(変形フライング・ネックブリーカー・ドロップ)であっけなく勝利!

─東京ドームのお客さんの反応はどうですか?
岡田「別に反応がどうのこうのって言うよりは、俺の役目は新日本にお金を降らすレインメーカーだから。これが第一歩。これからザックザックお金の雨を降らしてやるからな
─相手のYOSHIHASHI選手も凱旋試合でしたけど、どうでしたか?
岡田「対戦相手がどうのこうのっていうより、まあこの俺さえ見てくれてればいいって言っていたんで、対戦相手が誰であろうとどうとも思わないし、俺だけ見てればいいんだよ。ドンドン新日本プロレス、俺が儲けさせてやるよ。俺が2012年、それからの俺の名前で一生飯を食えるようにしてやるからな、新日本。それがレインメーカーです
—試合に敗れてしまいましたが。
YOSHI「特に何もないよ。クソむかつくだけだよ。あんなオカダごときに負けたってことにむかつくし。それよりも新日本。メキシコで一年半クソみたいな生活をしてきたから、ふざけんなって感じだよ。今日のフラストレーションを次のシリーズからぶちまけて本隊の人間をみんなぶっつぶしていく。みんなの口にタコスをぶちこんで、メキシコのゴミ箱のなかに放り投げてやるから。それだけ
—新日本に対する不満があってCHAOSにってことですね?
YOSHI「メキシコで俺は好き勝手やってきたから、いまさら日本に戻ってきてみんなで仲良くなんてやってられないからね。本隊でチャラチャラやってる人間がいまはむかついてしょうがない。とりあえず、アイツらの口とケツにタコスをぶちこんでやるって」(引用:新日本プロレス公式サイト

レインメーカーとタコス、大きく明暗が分かれる一戦となりました。

このレインメーカー誕生とともに、新日本プロレスはV字回復を遂げていくことになる。

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA