本間朋晃のインターコンチ初挑戦【2011.12.23】

新日本プロレス・振り返りNo.116

ボチボチ再開します!

今回は2011年12月23日の本間朋晃選手!

スポンサーリンク

IWGPインターコンチネンタル王座戦

〇[王者]
田中将斗
スライディングD

vs

× 本間朋晃

2011年12月23日・後楽園ホール大会、メインイベントで本間朋晃選手がIWGPインターコンチネンタル王座戦に初挑戦。

新日本プロレスのベルトに初めて挑戦する本間朋晃選手のセコンドには G.B.H. の真壁刀義選手、さらに棚橋弘至選手、テンコジ、永田裕志選手、後藤洋央紀選手、井上亘選手、内藤哲也選手、KUSHIDA選手、タイガーマスク選手、田口隆祐選手が登場。

豪華なセコンド陣からのサポートとファンの大声援を受けて、真っ向勝負のタイトルマッチがスタート。

場外戦を機に二人のハードコア魂に火がつくと、田中将斗選手は場外テーブルへのスーパーフライ。

さらに竹刀攻撃で追撃、田中将斗選手は攻撃の手を緩めずに攻め続ける。

しかし本間朋晃選手がブレーンバスターで反撃すると、お互いに一切スカさない肉弾戦に突入。

本間朋晃選手はシャリマティー、本間式、大こけし、こけし落とし、こけしといった持てる全てを出し尽くす。

だが最後は全てを受け切った田中将斗選手が2発目のスライディングDで勝利、インターコンチネンタル王座防衛!

—ずっと対戦を希望していた田中選手との対戦はいかがでしたか?
本間「100%負け。もいうこれ以上ない、気持ちのいい負け。やっぱスゲーよ、チャンピオンというのはスゲーよ。そんでなくちゃ、越えがいもないし、やりがいもない。でも俺、本当に世界最高のIWGPのベルトに挑戦できてよかった。本当に幸せだった。次の第2章は、俺がベルト獲るところから始まるから。絶対獲ってみせる!」(引用:新日本プロレス公式サイト

本間朋晃選手が絶対獲ってみせると誓った IWGP の冠が付いたベルトを手にするのは、この試合から約4年後の出来事…

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA