木村花が凱旋帰国試合を辛勝、本田竜輝がデビュー&スパイは誰だ?【週刊WRESTLE-1 TV】

今週の「週刊WRESTLE-1 TV #075は、2018年9月2日・横浜文化体育館大会振り返り!

関連:芦野祥太郎がレッスルワンチャンピオンシップ奪回!イケメンが無念の負傷…【週刊WRESTLE-1 TV】

スポンサーリンク

今週はチアワンの尾崎礼香(@reikaya66)さんがお届け!

まずは先週の放送に入りきらなかった9月2日・横浜文化体育館大会を振り返り。

第1試合は本田竜輝選手のデビュー戦。

土方隆司選手から厳しいプロの洗礼を受け、最後はシンプルなフェイスロックでギブアップ。

強い人の象徴になるための道のりを応援していきましょう。

続いて第3試合、日本人としては規格外のサイズを誇る納谷幸男選手が登場。

まだまだ粗削りな部分も見えますが、ランニングニーアタックでレッスルワン初参戦を白星で飾りました。

継続参戦を宣言した納谷幸男選手の今後に期待!

第6試合はメキシコ遠征から凱旋帰国を果たした木村花選手とプロレスリングWAVEの朱崇花選手のシングルマッチ。

5月のシングルマッチ同様、朱崇花選手の凄まじいパワーに苦しむも、最後は新技の変形みちのくドライバーで木村花選手が勝利!

3カウントこそ奪ったものの、フィニッシュの変形みちのくドライバーをさらに向上させ、次こそは負けてやっただけと言わせない内容で勝利を上げてもらいたい。

そして文体を終えたレッスルワンは、来週18日から 5th ANNIVERSARY ツアーが開始。

レッスルワンタッグリーグ2018、新リザルト王者決定トーナメント、さらにストロングハーツのスパイ潜入疑惑など、新たな物語が始まろうとしています。

スパイ潜入疑惑の解決に乗り出した征矢学選手は、武藤敬司選手までも疑っているようですが…

今のところ第一候補は伊藤貴則選手?

最後はプロレス学院物語・6期生編。

来週18日に卒業試合を迎えることになりましたが、カズ・ハヤシ選手から今の現状で言うと出れる人もいるし、出れない人もいると厳しいコメント。

また今回は学院生の一日にも密着。

レッスルワンのプロレス総合学院に興味のある方は是非ご覧ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA