内藤哲也「とんだ勘違い野郎だな!」、棚橋弘至「冗談っぽく言ってるけどマジだから」、成田は海野に未勝利【新日本プロレス・2018.9.12】

新日本プロレス・2018年9月12日・ロードトゥディストラクション・京都市体育館(ハンナリーズアリーナ)のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

スポンサーリンク

成田蓮

成田「今、翔太が吉田、吉田言ってたけど、俺からしたらアイツが一番ライバルだと思ってるんで。今日はタッグっていうカードになっちゃったけど、本当なら対戦相手にアイツがいてほしかったと思います。吉田綾斗もそうだけど、まずは海野翔太。アイツから1勝することが、今の目標なんで

海野翔太選手がKAIENTAI-DOJOの吉田綾斗選手をライバル視する一方で、成田蓮選手は同期で未勝利(4敗2引分)の海野翔太選手を意識。

今年もヤングライオン杯が開催されるかどうかは分かりませんが、二人が海外遠征に行く前に、是非もう一度シングルマッチを組んでもらいたい。

棚橋弘至

棚橋「(※ピッチングの動作をしてみせて)石を投げたら、思いのほか大きかったみたいで、波紋が広がってますけど、これはマイ・オピニオン。俺の意見、そして価値観なんで。ツッコむもいいし、乗ってくるもいいし、大いに楽しんでくれよ。(※と、控室に向かうが、すぐに戻ってきて)冗談っぽく言ってるけど、マジだから

オカダはYOSHI-HASHI懸けろよと要求した棚橋弘至選手が、冗談っぽく言ってるけど、マジだからと強調。

今夏はオカダ・カズチカ選手が外道選手から離れ、ディストラクションシリーズはお休みのジェイ・ホワイトもCHAOS、これから何かが起きるだろうと予言。

関連:オカダ・カズチカが外道とのコンビ解散を宣言!【新日本プロレス・2018年8月】

少しづつ揺らぎ始めているCHAOSを中心としたユニット再編が起きるのか?

内藤哲也

まずは鈴木みのる選手のツイートから。

内藤「王様!リング上ではなく、会場のバックステージでもなく、SNSで、ついに反応してくださいましたね。いや、やっと反応してくれて、俺はすごいうれしいですよ。でもさぁ、いるんだよね。『アイツは、俺の真似をしてるんだ』って、エラそうに威張る人がさぁ。もし仮に、俺が王様を参考にしているんならまだしも、残念ながら、一度たりとも俺は、アナタを参考にしたことなんか、ないよ。王様はさぁ、とんだ勘違い野郎だな!自分だけが正しいと思わせる、周りの同意を求める。それが、王様のやり方なんでしょ!?でも俺はさぁ、自分の意見が100%正しいだなんて、思わない。でも、自分の考えを声に出してお客様に伝える、それが俺のやり方。残念ながら、お客様の同意を求めようなんて、これっぽっちも思ったことはないよ。それから、別府大会の試合順に関しては、王様、何もおっしゃってくれないんでしょうか?もしかして、今夜、SNSで試合順のことに関して、おっしゃってくださるんですか?いやぁ、何を発信するのか、俺、今夜、王様のSNSをチェックしとくんで、王様、楽しみにしてますよ。

過去に自分が歩んだ道を通っているにすぎないと余裕を見せる鈴木みのる選手に対して、内藤哲也選手は真っ向から反論。

お客さまが求めるものを気にしながらやってきたが、自分がやりたいことをやって、あとはお客さまに判断してもらうという考え方に変わった」(引用:日刊スポーツ

敵も味方も観客も全てを意のままに操ろうとする鈴木みのる選手とは、手段も目的も違うので、どちらを支持するかは好みの問題ですね。

そして17日・別府大会のセミ・メインの試合順について、鈴木みのる選手は内藤!オマエ、俺の答えを知りたいんだってな。そう、教えてやるよ。もうすぐ、オマエの体でな……と返答。

確かにプロレスラーはリング上で決着をつけるのが筋ですが、これまでの前哨戦と同じような内容では答えにならない。

注目の17日・別府大会まで残り3大会!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「内藤哲也「とんだ勘違い野郎だな!」、棚橋弘至「冗談っぽく言ってるけどマジだから」、成田は海野に未勝利【新日本プロレス・2018.9.12】」への2件のフィードバック

  1. >>敵も味方も観客も全てを意のままに操ろうとする鈴木みのる選手

    それは内藤の方じゃない?
    それに最近の内藤及びロスインゴはあざといほど客に媚びてるのは見れば分かるでしょ?
    この手のプロレスブログは内藤推しが多いけどあなたもその口ですか?

    1. コメントありがとうございます!

      2017年以降の新日本プロレスでの鈴木軍は…

      鈴木「ヘヘヘ、新日本プロレス、CHAOS、BULLET CLUB、そしてLOS INGOBERNABLES…、どいつもこいつも、プロレス界の王は、ただ一つ、俺たちだ。偉そうなツラしてんじゃねえよ。お前らが持ってるもの、根こそぎ、すべて、何もかも、俺たちによこせ。返事なんかいらねえよ。返事なんかいらねえよ。すべて力づくだ、力づくだ。これが鈴木軍だ。俺たち鈴木軍……」
      鈴木、アーチャー、スミスJr.、金丸、TAKA、タイチ、デスペラード「(※7人で声を揃えて)イチバ~ン!」

      というボスの発言から始まりました。
      「力づく」で新日本プロレスから「根こそぎ、すべて、何もかも」奪い、全てを意のままに操ろうとする姿こそ、まさに鈴木軍だと思いますよ。
      あなたは鈴木みのる選手が敵をどう操るか、そのために味方をどう動かすか、そして観客にどう思わせるかを考えていないと思いますか?

      それから内藤哲也選手及びロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの言動は新日本プロレスを盛り上げるためのものです。
      誰よりも熱心な新日本プロレスファンである内藤哲也選手がやりたいことは、自分自身がプロレスを楽しむこと、新日本プロレスファンを満足させること、もっと新日本プロレスを楽しんでもらうことです。
      新日本プロレスから「根こそぎ、すべて、何もかも」奪おうとする鈴木軍とは「手段も目的も」違います。
      内藤哲也選手を「あざといほど客に媚びてる」と思うかどうかは「好みの問題」だと思いますので、あなたの好みに合わせてご自由にプロレスを楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA