内藤哲也の人生初のオーストラリア遠征【新日本プロレス・2018年8月】

新日本プロレス・内藤哲也選手によるオーストラリア遠征の振り返りをご紹介。

スポンサーリンク

G1クライマックス28終了後、内藤哲也選手はメルボルンシティレスリング(MCW)に参戦してジョナ・ロック選手と対戦。

関連:内藤哲也がジョナ・ロックに勝利!【新日本プロレス・2018年8月】

2018年2月に新日本プロレスが開催したオーストラリアツアーには参加しなかったため、内藤哲也選手にとっては初のオーストラリア遠征となりました。

関連:内藤哲也のアメリカ遠征の出来事【新日本プロレス・2018年3月】
関連:オカダ・カズチカ、オーストラリア遠征を振り返る【新日本プロレス・2018年3月】

そして今週の週刊プロレス No.1974で、現地オーストラリアでの試合を振り返りました。

パレハ ただ、今回は初めての国で初めての相手と闘ったというところで、なにか思ったことは?
内藤 正直、ドキドキする部分はありましたよ。リングの硬さやロープの張り具合は新日本に似てたけど、エプロンが狭くて。これは”海外あるある”なんですけど、エプロンを使う技のときはかなり慎重にやりました。
パレハ そのあたりは注意したと。
内藤 「ロープが3本あって、マットが敷いてあれば同じだろ?」って思う人もいるかもしれないけど、オレはけっこうリングのサイズの違いなんかは気にするほうですね。だから、この日も試合前にロープに寄りかかったり、何気ない動きをしたりとリングのチェックには時間をかけましたよ。(引用:週刊プロレス No.1974・内藤哲也の手のひら返しdeあっせんなよ)

水面蹴りやジャンピングエルボーアタックを使う内藤哲也選手にとって、慣れないリング、特にロープの確認は重要事項。

先月は海外で高橋ヒロム選手の怪我があっただけに、無事にオーストラリア遠征を終えたことを、内藤哲也選手の言葉で確認できて安心しました。

また今週の週刊プロレスでは、内藤哲也選手がツイッターにアップしていた夜景や恒例のサブウェイの画像、そして試合翌日にMCW道場でコーチを務めた件についても言及。

内藤哲也選手のMCW道場生に対する評価が、他の新日本プロレス選手たちが海外でコーチを務めたときに似ているのも面白いですね。

道場には何人か気になる子もいたそうなので、いつかオーストラリアからロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに新メンバーが加わる可能性もあるかもしれない。

そんな内藤哲也選手の初の南半球の様子をもっと知りたい方は、是非週刊プロレスでご確認ください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA