オカダ・カズチカ、オーストラリア遠征を振り返る【新日本プロレス・2018年3月】

新日本プロレスのオカダ・カズチカ選手が2018年2月のオーストラリア遠征を振り返り!

スポンサーリンク

先月2月16日~19日、オカダ・カズチカ選手はオーストラリアで開催されたフォールアウトダウンアンダーツアーに出場。

関連:新日本プロレス試合結果まとめ 2018年2月

4大会とも大成功に終わったオーストラリア遠征について、今週の週刊プロレス No.1947でオカダ・カズチカ選手が振り返りました。

本当にいいツアーで、オーストラリアのパワーも感じましたね。リングも毎大会違って、硬いリングだったり、ロープが緩かったり、幅が狭かったり。そういうなかでもお客さんは普段の新日本プロレスのレスラーを見に来ていて、いつものクオリティーを見せないといけない難しさは勉強になったし、そのなかでも普段の新日本に近いもの、新日本プロレスの闘いを見せられたなっていうのはありました。
(中略)
でも今回は内藤さんも棚橋さんもいなかったし、フルで見せたいなっていうのはありますね。まだまだオーストラリアのプロレスが良くなるなっていうのは思いました。」(引用:週刊プロレス No.1947 ザ・現場)

現地のお客さんのリアクションも上々、実際にリング上で闘っていたオカダ・カズチカ選手も手応えがあった様子。

またCHAOSメンバーと一緒に海で撮影した青春な写真に関しては海でこんなにはしゃいだのいつ以来だろうって(笑)と、普段はG1クライマックスで忙しい夏を南半球で満喫してきたようです。

またねオーストラリア!

Kazuchika Okadaさん(@rainmakerxokada)がシェアした投稿 –

オーストラリアはもちろんこれからも新しい国に行って、広めたいと語ったオカダ・カズチカ選手、次はどんな国に進出していくのか楽しみにしたい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA