吉田綾斗が継続参戦希望、デスペからヒロムに提言「試合出れないなら返せよ」、タイチ「後藤、受けろよ」【新日本プロレス・2018.8.12】

新日本プロレス・2018年8月12日・G1クライマックス28・日本武道館大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス 試合結果 2018.8.12・G1クライマックス28・最終日・決勝戦【第2試合まで無料】

スポンサーリンク

吉田綾斗

吉田「(※ヒザに手をついてコメント)今日は、自分はまだまだ全然だったんですけど、ここで試合してると、絶対に自分はまだまだ強くなれると思うんで、これからも、ここに、このリングに立ちたいと、本気で思います。せっかく今日、こういう日に呼んでいただいたんで、近い将来、自分も『G1 CLIMAX』に出れるぐらいのレスラーになってみせます。ありがとうございました!

KAIENTAI DOJOのホープとして新日本プロレスのライオンズゲートに定期参戦してきた吉田綾斗選手が、G1クライマックス28・最終日に出場。

そして今後も新日本プロレスへの継続参戦を希望。

もちろん吉田綾斗選手への期待は大きいですが、現在のヤングライオンたちにとってはチャンスが減ることを意味するので、若手同士の生存競争がより厳しくなる。

どんな形で新日本プロレスに上がることになるのは分かりませんが、吉田綾斗選手の存在が他の若手に良い影響を与えてくれることを期待しましょう!

エル・デスペラード

デスペラード「この通りジュニアのタッグチャンピオンが1人やられちまった。だが相手はヘビー級だ。そんなことはどうでもいいんだ。いいか?ジュニアのシングルチャンピオン(※ベルト)持っているヤツが出てねぇということだ。出れねぇのか!出る気がないのか知らないがケガしたって聞いたぞ。試合出れないなら返せよ

現在、IWGPジュニアヘビー級王者の高橋ヒロム選手は首の負傷により入院中。

関連:高橋ヒロムの首負傷直後のバックステージの様子【新日本プロレス・2018年7月】

復帰まで長期間を要する可能性もある高橋ヒロム選手に対して、エル・デスペラード選手がタイトル返上を要求。

新日本プロレスの規定では六ヶ月以内に国内、国外を問わず防衛戦を行わなければならないので、高橋ヒロム選手が最後の防衛戦から6カ月以内(2019年1月)に復帰できないのであれば、早く返上して王者決定戦を行うべきだろう。

ただ王者決定戦を行う場合は、誰が、どんな形で争うのかという問題も生じる。

もちろん全選手が納得する方法はありませんが、新日本プロレスからIWGPジュニアヘビー級王座の動向に関するアナウンスを待ちたいと思います。

タイチ

タイチ「どうだ!気分はどうだ、後藤、YOSHI-HASHI!特にYOSHI-HASHI、『G1 CLIMAX』に出れなかった男。『G1 CLIMAX』落選させられた男に、負けた気分はどうだ!最高だろ!
(中略)
あのよぉ、クソみたいな、最近来た新米社長、アイツのせいで全部調子が狂ってるんだよ。ふざけやがって、アイツだろ、俺のことも落としたのは。オイ、その男がこうやって言ってんだ。『G1 CLIMAX』出てたヤツに勝ったぞ。やらせろよ、やらせてみろよ!弱ぇヤツに!やらせてみろ!バカにすんじゃねぇぞ、コノヤロー!後藤、受けろよ、雑魚の挑戦だから。オマエは優しいからな、受けてくれよ!ハハハハハ!

G1クライマックス28出場を狙うもエントリーされなかったタイチ選手が、G1出場者のYOSHI-HASHI選手から直接ピンフォール勝ち。

そしてNEVER無差別級王座に挑戦表明すると、王者の後藤洋央紀選手も「」と受諾。

次期シリーズは、IWGPヘビー級は石井智宏選手、USヘビー級はタマ・トンガ選手、NEVER無差別級はタイチ選手が挑戦することになりそうですね。

関連:ケニー・オメガが石井のIWGPヘビー挑戦を受諾!ジュースはCODYのUS王座挑戦を拒否!【新日本プロレス・G1クライマックス28】

まだ次期シリーズの対戦カードは発表されないと思いますが、本日13日の12:00から新日本プロレスワールドで一夜明け会見が行われますので、優勝者である棚橋弘至選手の姿を是非ご覧ください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA