内藤哲也「数年前までのSANADAだったら」、オカダ「残念なお知らせが一つだけ」、ヘナーレのジェスチャー【新日本プロレス・2018.8.8】

新日本プロレス・2018年8月8日・G1クライマックス28・横浜文化体育館大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス 試合結果 2018.8.8・G1クライマックス28・十六日目・Bブロック8戦目【第2試合まで無料】

スポンサーリンク

トーア・ヘナーレ

普段試合に勝ったあとというのは自分がどういう気持でいるのか話すことが多いんだけども、一つ訂正しておきたい。先週、通訳が間違った。『新日本が嫌いだ』、『日本が好きじゃない』みたいなように書かれちゃったんだけども、そんなことは言った憶えがない。僕は新日本が好きで、日本が好きで、日本のファンが大好きだ。今日は勝てた。久しぶりに。試合後、アメリカ人のファンが来て、首を掻っ切るハンドゼスチャーをやらないほうがいいといようなことを言われた。でも、あれは自分たちマオリ族では首を掻っ切るという意味ではなくて、『自分たちは黙秘するのではなく言葉を持って行動を起こすんだ』という意味がある大事なハンドゼスチャーなんだ。だからあの動きをすることというのは新日本のファンを侮辱しているわけではない。

トーア・ヘナーレ選手が試合中に行うジェスチャーについて、新日本のファンを侮辱しているわけではないと説明。

つい先日、ハロルド・メイ社長がプロレスのロジックが社会一般のルールでは通用しないこともありますとコラムで釘を刺したばかりだが、トーア・ヘナーレ選手のこうした闘いへの姿勢は尊重したい。

ただこのアメリカ人のファンのように、なかには不満に思う人がもいて、プロレスのロジックが社会一般のルールでは通用しないということも事実だから難しい。

個人的には、プロレスは社会一般のルールが通用しないものである、そうであってもらたいという気持ちもある。

プロレスは各々が自由に楽しめばそれでいい、楽しめないなら見なければいいという考えではなく、プロレスを誰もが楽しめるものにしていくための過渡期であるということは理解していますが、なんとも言えない気持ちですね…

オカダ・カズチカ

オカダ「残念なお知らせが一つだけ。棚橋さん、残念ながらあなたは決勝に行けません。ってのは残念なお知らせでもなんでもない。残念なお知らせは日本武道館、風船禁止だって。もう一回言おうか?大事なことだから。ニホンブドウカン?ニッポンブドウカン?ニホンブドウカン?ニッポンブドウカン、風船禁止だって。どうしたらいいの?今の俺から風船を取ったら、何が残りますか?笑顔?違う。(答えられる記者が)いない……。強くて、カッコよくて、笑顔で、決勝進出しちゃって……他ないですか?優勝は当たり前としてオカダのいいところ。強くてカッコよくて……ないんかい!

明日10日から始まる日本武道館大会3連戦に向けて、オカダ・カズチカ選手から風船禁止という残念なお知らせ。

関連:オカダ・カズチカが風船を持って入場する理由【新日本プロレス・2018年7月】

しかし、風船はあくまでオカダ・カズチカ選手が新しいものを築こうとするキッカケに過ぎない。

IWGPヘビー級王座の重圧から解き放たれた自由なオカダ・カズチカ選手の次の一手をお楽しみに!

内藤哲也

内藤「数年前までのSANADAだったら、こんなに追い込まれることはなかったでしょう。もっと余裕で決着ついてたでしょう。手強い相手でしたよ。さすが、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのメンバーっすね。まぁ、頻繁に戦うことはないにせよ、また近い将来、戦う時が来るでしょう。その時はさぁ……まぁ今日も余裕はなかったけどね、これ以上に余裕のない戦いになるでしょう。いいんじゃない?そのSANADAを余裕で倒せるぐらい、同じユニット内だけど、お互い刺激し合って、もっと高いレベルに持っていきたいっすね。その結果、今以上のロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンが出来上がるでしょう。そして、我々ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンがさらにプロレスファンの皆様を喜ばせることになるでしょう。

G1開幕前からお互いに意識していたロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの同門対決は、内藤哲也選手に軍配。

関連:内藤哲也とSANADAのG1クライマックス28【新日本プロレス・2018年7月】

内藤哲也選手はSANADA選手との再戦、そしてL・I・Jのさらなる発展を楽しみにしている一方、敗れたSANADA選手はノーコメント。

試合後に拳を突き合わせたことからも、L・I・Jの団結が揺るぎないものであることは確かだが、内藤哲也選手個人への感情はどううだろうか。

今後、SANADA選手がこの試合でどういう感情を抱いたのか語る日を楽しみに待ちたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA