新日本プロレス 2017.1.4東京ドーム 全対戦カード決定&気になる点をまとめてみた

本日2016.12.12、12.10宮城の2夜明け会見&WRESTLE KINGDOM 11 in TOKYO DOME 全カード発表記者会見が行われました!

スポンサーリンク

全対戦カード

第0試合
1分時間差バトルロイヤル~ニュージャパンランボー~(参戦選手数未定)

第1試合 タイガーマスクW スペシャルマッチ
タイガーマスクW
vs
タイガー・ザ・ダーク

第2試合 IWGPジュニアタッグ
ヤングバックス(マット・ジャクソン&ニック・ジャクソン)
vs
六本木ヴァイス(ロッキー・ロメロ&バレッタ)

第3試合 NEVER無差別級6人タッグ(ガントレットマッチ)
デビッド・フィンレー&リコシェ&小島聡
vs
ウィル・オスプレイ&YOSHI-HASHI&石井智宏
vs
BUHSI&EVIL&SANADA
vs
ハングマン・ペイジ&高橋裕二郎&バッドラック・ファレ

第4試合 スペシャルシングルマッチ
ジュース・ロビンソン
vs
コーディ

第5試合 ROH世界王座
カイル・オライリー
vs
アダム・コール

第6試合 IWGPタッグ
ゲリラズ・オブ・デスティニー(タマ・トンガ&タンガ・ロア)
vs
G・B・H(真壁刀義&本間朋晃)

第7試合 IWGPジュニアヘビー級
KUSHIDA
vs
高橋ヒロム

第8試合 NEVER無差別級
柴田勝頼
vs
後藤洋央紀

第9試合 IWGPインターコンチネンタル
内藤哲也
vs
棚橋弘至

メインイベント IWGPヘビー級
オカダ・カズチカ
vs
ケニー・オメガ

スポンサーリンク

以上、第0試合からメインイベントまでの全11試合!

本戦の10試合のうち、タイトルマッチが8試合。

真壁選手、本間選手の会見は新日本プロレスワールドで御覧ください。

すで発表されていた対戦カード以外で気になる点は…

  • ジュース・ロビンソン選手のシングルマッチ
  • ROH世界王座戦
  • ガントレットマッチ
  • タイガー・ザ・ダーク
  • ランブル戦出場者

まずジュース選手は元WWE対決(ジュース選手はNXT)。

勝敗はもちろん、この一年間ジュース選手が新日本プロレスで学んだことを思いっきりぶつけて、2017年の躍進への足掛かりとなる試合にしてもらいたい。

オライリー選手は先日ROH世界王座を初戴冠したばかり。

新日本プロレスでのヘビー級転向を印象づけるためにも負けられません。

次にガントレットマッチがどんな試合形式かについて説明。

今回の場合で言うと、まず2チームで試合開始、1チーム敗退後に次のチームが入場、また1チーム敗退後に最後のチームが入場し、勝者がチャンピオンチームになります。

最後のチームが体力的にも確率的にも有利なので、どうやって順番を決めるのも知りたいところですね。

それからアニメとのコラボでタイガー・ザ・ダーク選手の参戦が決定!

タイガーマスクW選手の正体があの選手ならばオメガ選手に務めてもらいたかったが、メインイベントに出場するので可能性は低い。

最後にレッスルキングダム恒例になりつつあるバトルロイヤル。

今のところ噂が上がっているのはスコット・ノートン選手のみ。

他には金光輝明選手、川人拓来選手、ヘナーレ選手、田口隆祐選手、タイガーマスク選手、獣神サンダー・ライガー選手、ヨシタツ選手、天山広吉選手、中西学選手、邪道選手、外道選手、矢野通選手、チェーズ・オーエンズ選手、BONE SOLDIER選手の出場が予想されます。

ちなみに今年はレジェンド枠で藤原喜明選手、ヒロ斉藤選手、キング・ハク選手、ザ・グレート・カブキ選手、越中詩郎選手が出場しました。

誰がエントリーするのか楽しみに当日を待ちたいと思います!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)