伊藤貴則vs土方隆司!児玉裕輔がクルーザー級王者・吉岡世起に実力行使!【週刊WRESTLE-1 TV】

今週の「週刊WRESTLE-1 TV #058はレッスルワン・2018年5月6日・後楽園ホール大会プレイバック、5月13日・埼玉大会速報!

スポンサーリンク

今週はチアワンの才木玲佳(@saikireika)選手がお届け!

まずは5月6日・後楽園ホール大会から先週の放送に入りきらなかった試合のプレイバック!

伊藤貴則選手と土方隆司選手のシングルマッチは真っ向勝負の打撃戦となり、最後は土方隆司選手がフィッシャーマンズバスターで勝利!

土方隆司選手がバックステージで語った彼の一番の不幸は彼を叩き潰す先輩がいなかったことという指摘は一理ある。

伊藤貴則選手は、プロレス総合学院卒業生のなかで頭ひとつ抜けた存在としてこれまでのキャリアを過ごしたこともあり、ボロ雑巾のように叩き潰された経験が少ないのも事実。

今回の土方隆司選手のように真っ向からバチバチとやり合える相手と出会えるといいのですが…

そしてクルーザー級王者の吉岡世起選手に対してイス攻撃で実力行使に出た児玉裕輔選手が、6月13日・後楽園ホール大会でクルーザー級王座への挑戦が決定!

児玉裕輔選手は2016年12月に王座陥落して以来、一度もクルーザー級王座戦線に絡むことがありませんでした。

約1年半ぶりのタイトルマッチ、児玉裕輔選手の刺激に大いに期待しています!

続いて5月13日・埼玉大会。

6月13日・後楽園ホール大会に向けた前哨戦が本格的にスタートするなか、立花誠吾選手が右前腕骨折のため5月27日・茨城大会から欠場するという残念なお知らせが…

黒潮イケメン二郎選手との共闘でこれから面白くなるところだっただけに非常に残念ですが、芦野祥太郎選手に言う通り、しっかり怪我を治して強くなって復帰してくれる日をお待ちしています!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA