ハングマン・ペイジとジェイ・ホワイト【新日本プロレス・2018年3月】

新日本プロレス・ストロングスタイルイボルブド・ロサンゼルス大会で対戦するハングマン・ペイジ選手ジェイ・ホワイト選手のインタビューをご紹介。

スポンサーリンク

日本時間・明日2018年3月26日の午前9:00から試合開始となるストロングスタイルイボルブド。

関連:新日本プロレス・2018.3.25・ストロングスタイルイボルブド・ロサンゼルス大会の全対戦カード決定!

セミファイナルでIWGP USヘビー級王座に挑戦するハングマン・ペイジ選手が、現王者のジェイ・ホワイト選手のバレットクラブ加入拒否について言及。

関連:バレットクラブ内紛?&ケニーがジェイを次期挑戦者候補に&タグチジャパンアニバーサリー【新日本プロレス・2018.1.5・PART1】

ジェイ・ホワイトにはバレットクラブに入るチャンスがあった、かつて俺のキャリアでもそうだったように。それで俺がどうなったか分かると思うけど、自分のキャリアのなかでも最大の変化だった。同様にジェイのキャリアのなかでも最大の変化になると思っていたが、彼は加入しないと決断した、まあそれは理解するよ。今のところ彼は順調なようだけど、このまま長いあいだ順調にいくとは思わない。

バレットクラブ加入によって人生が一変したハングマン・ペイジ選手だからこそ、ジェイ・ホワイト選手がバレットクラブ加入を拒否したことに疑問を抱いているのが伺えますね。

関連:ハングマン・ペイジが高校教師を辞めた理由【新日本プロレス・2017年3月】

しかしこのハングマン・ペイジ選手の発言に対して、ジェイ・ホワイト選手が実績という点で反論。

加入しなかったのは正しくない決断?そのおかげで彼が追い求めている王座を手にしたんだから、その決断はとても上手くいったと俺は思う。そのおかげで、人々が世界最高と呼ぶ選手と対戦するメインイベントのポジションに、俺がいくことが出来たんだから。彼が正しい決断ではなかったと言う事は、自分でそうする機会がなかったジェラシーとして受け取るよ。だから彼は俺に挑戦してきたんだと思う。

ケニー・オメガ選手からの勧誘を拒否したおかげでチャンスを掴んだのだから、ジェイ・ホワイト選手にとっては大成功以外の何物でもないですよね。

ただもしあの場面でバレットクラブに加入していたら、今頃バレットクラブ内紛でどんな役割を担っていたのだろうかと考えると興味は湧いてくる。

今回のインタビューでもハングマン・ペイジ選手をいつもヤングバックスやCodyの陰にいると評し、実際にCHAOS加入後もオカダ選手のベルトを狙いに行くと明言するジェイ・ホワイト選手ならば、バレットクラブではOGBC側に付いてジ・エリートに対抗していたかもしれないですね。

明日はジェイ・ホワイト選手にとって初防衛戦。

試合後にハングマン・ペイジ選手からやっぱりバレットクラブに加入しておけばよかったのにと言われないように、素晴らしい試合を期待したいと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA