武藤敬司のラストムーンサルト&征矢学が2度目の王座戴冠!【週刊WRESTLE-1 TV】

今週の「週刊WRESTLE-1TV #049はレッスルワン・2018年3月14日・後楽園ホール大会速報!

スポンサーリンク

今週は尾崎礼香(@reikaya66)さんがお届け!

まずは3月14日・後楽園ホール大会!

クルーザーフェス2018決勝戦でアレハンドロ選手とアンディ・ウー選手が対戦。

1月8日・後楽園ホールで凱旋帰国を果たしたアレハンドロ選手がESO ES TODO(エソ・エソトド=旋回式DDT)を決めて勝利、クルーザーフェス2018優勝!

だがバックステージでは現クルーザー王者の吉岡世起選手がお前じゃまだ足んねえんだよとダメ出し。

アレハンドロ選手には慢心することなく、しかし堂々とタイトルマッチに望んでもらいたい。

続いてセミファイナル、武藤敬司選手の人工関節手術前のラストマッチ。

手術はムーンサルトプレス禁止とドクターから通告された武藤敬司選手にとって、この試合がムーンサルトプレスを繰り出すラストチャンス。

教え子たちとの6人タッグマッチ、最後は武藤敬司選手がシャイニングウィザード連発からシュミット式バックブリーカー、そして見事なムーンサルトプレスで勝利!

試合後、ファンに向かってしばらくプロレス休みますが、必ずこのリングに戻ってきますので。新生・武藤敬司で帰ってくるから、みなさん待っててくださいと約束。

そしてメインイベントは芦野祥太郎選手と征矢学選手のWRESTLE-1チャンピオンシップ。

武藤敬司選手のラストムーンサルトで大盛り上がりのセミファイナルに対して、タイトルマッチらしい重厚なメインイベント。

最後は征矢学選手がワイルドボンバーで勝利、2度目のWRESTLE-1チャンピオンシップ戴冠!

芦野祥太郎選手の359日間の長期政権に終止符を打ちました。

試合後、征矢学選手は俺と、次、AKIRAさんでタッグのベルトに挑戦したいと思いますとタッグ王座挑戦表明!

元気な征矢学選手はレッスルワンの中心に戻ってきたことで、またレッスルワンに新たな風景が生まれる予感のした後楽園ホール大会でした!

次のビッグマッチは来月4月18日・後楽園ホール大会、決定済みのクルーザー級王座以外にどんなカードが組まれるのか、来週の週刊WRESTLE-1 TVもお楽しみに!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA