鈴木みのる「昨日の内藤、今日のオカダ…」、フィンジュース、ジュニアタッグの行方、ジュース「敬意を表したい」【新日本プロレス・2018.3.16】

新日本プロレス・2018年3月16日・NEW JAPAN CUP 2018・準決勝・後楽園ホール大会のバックステージコメントまとめ!

スポンサーリンク

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス 試合結果 2018.3.16 ニュージャパンカップ2018・準決勝 後楽園【第2試合まで無料】

デビッド・フィンレー

フィンレー「K.E.S 今日もやってくれたな!K.E.S対フィンレー&ジュースでやらないか?楽しそうだろ!?

ニュージャパンカップ2018出場を希望するもエントリーされなかったデビッド・フィンレー選手が、K.E.S.という新たな標的を発見か?

昨日のトーナメント準決勝で敗れたジュース・ロビンソン選手ととともに、IWGPタッグ王座戦線に乗り込むことを提案。

現在の本隊のタッグチームは、G.B.H.の本間朋晃選手が欠場中、テンコジの小島聡選手が欠場中のため、とても手薄な状況。

フィンジュースが本隊からタッグ王座戦線に新たな風を吹かせることを期待!

鈴木みのる

鈴木「昨日の内藤、今日のオカダ……。残すところ、あといくつだ?あと何人だ?俺の頭踏んづけてるヤツは、片っ端からブチのめしてやる。タダでとは言わねぇよ。俺の首と、(※インターコンチのベルトを叩いて)これ、獲りにこい。それと引き換えにテメェらの首差し出せ!オイ!オカダよ!内藤よ!新日本プロレスよ……。

15日・後楽園ホール大会の内藤哲也選手に続いて、昨日16日・後楽園ホール大会ではオカダ・カズチカ選手とリング上で向かい合った鈴木みのる選手。

自身の保持するIWGPインターコンチネンタル王座と引き換えに、王者から二人にシングルマッチを要求!

内藤哲也選手と鈴木みのる選手の抗争がさらに本格化していきそうです。

一方、現IWGPヘビー級王者のオカダ・カズチカ選手はアナタはIWGPインターコンチチャンピオンらしく、そのベルト戦線を盛り上げてくださいと、あくまでインターコンチネンタル王座とは交わる気はない様子。

しかし鈴木みのる選手はインターコンチネンタル王座を獲得した日からインターコンチは何番目のベルトなんだ?と、常にIWGPヘビー級王座を意識したコメントを残している。

久しぶりにシングル王者同士のタイトルマッチは実現するのか、今後の展開もお見逃しなく!

IWGPジュニアタッグ王座

ヒロム「アーーー!!!アーーー!!!アーーー!!!アーーー!!!3K!そんなに俺たちにかまってもらえねぇのが嫌だったのか!?なぁ!?寂しかったのか!?3K!なぁ、本当のこと言ってやるよ!本当のこと言ってやるよ!マジで!マジで!オマエら、3Kには興味がないんだ。これは、プロレス的なことじゃないぞ。本当に興味がないんだよ……なぁ、新日本プロレスさ~ん。絶対に、3WAYなんて、やめてくれよ。なぁ?
(中略)
デスペラード「俺はいいよ、もう。こんな卑怯なヤツらとやりたくない。“正々堂々”が俺たちのポリシーだから。あんなヤツらの相手してらんねぇな。それより、BUSHI。ヒロムは前から言ってたな。BUSHI、お前、ようやく今日来たな。楽しくやろうや
(中略)
SHO「大田区で俺の顔面に盛大に墨を吐きやがった、あのタコヤロー!それと、いまベルト持ってる鈴木軍の2人。あぁ、確かに俺は負けたよ、あぁ、負けた。でもあんな勝ち方、前チャンピオンとして今のチャンピオンを、チャンピオンとして認めるわけねぇだろ!あぁ、やらせろ!奪いとってやる!

ロッポンギ3Kの乱入により、IWGPジュニアタッグ王座戦線は再び混戦へ。

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの高橋ヒロム選手は3WAYなんて、やめてくれよと、ロッポンギ3K抜きでのタイトルマッチを希望。

そして現王者のエル・デスペラード選手もあんなヤツらの相手してらんねぇなと、ロッポンギ3K抜きでのタイトルマッチを希望。

しかしロッポンギ3KのSHO選手は前チャンピオンとして今のチャンピオンを、チャンピオンとして認めるわけねぇだろと、リマッチ権行使を要求。

今シリーズの残り2大会で新たな動きがあるのか、新日本プロレスはどのチームの主張を認めるのか注目!

ジュース・ロビンソン

ジュース「いまの試合を見たか?あれが新日本プロレスの全てだと思う。『自分は友達、友情よりもトロフィーを獲ること、大きなものを獲ることが大事だ』と昨日言ったけど、全ての尊敬の念をタナハシに贈りたいと思う。『NEW JAPAN CUP』も勝てるんじゃないのかな。『WORLD TAG LEAGUE』、『BEST OF THE SUPER Jr.』、彼が望むものは必ず手に入ると思う。25分間の死闘を繰り広げて、もちろん負けは悔しいけど、こういう試合だったら負けてもいいかな。こういう試合、闘いがしたいと思っていた。そして自分のハートを持って闘えたことを感謝したいと思う。オカダ、スズキ、ゴトーが持っているどんなベルトでも、今41歳だとはいえ、今はもうトップではないとはいえ、“永遠のエース”ヒロシ・タナハシが欲しいベルトは、どれでも獲っていくことができるだろう。エースに君臨して20年近くになるのか?自分の先輩であり兄であり、良き指導者であり、タッグパートナーであり、“永遠のエース”ヒロシ・タナハシに敬意を表したい

昨日のメインイベントで敗れたジュース・ロビンソン選手が、改めて棚橋弘至選手へのリスペクトを表明。

ニュージャパンカップ2018優勝からIWGP USヘビー級王座挑戦とういうプランは崩れてしまったが、今回のトーナメントでさらに今後への期待が高まりました。

ドージョーボーイズのなかであたま一つ抜け出したUS王者のジェイ・ホワイト選手に負けない活躍を期待しています!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA